肌荒れにもまつ毛にも! ワセリンの使い方

肌荒れにもまつ毛にも! ワセリンの使い方

あのマリリン・モンローも愛用していたとされ、今なお世界中で愛され続けているワセリン。色々な使い方があったんです!

肌荒れ、ニキビにも!? ワセリンのすごい効果

ワセリンは赤ちゃんの肌にも使えるくらい肌に優しく作られています。保湿効果が非常に優れているので、肌荒れ、乾燥でできてしまった湿疹にも効果的だといわれています。
また、できてしまったニキビにワセリンを塗り、上からラップをかけてしばらくおいておくと、ニキビが小さくなっていることもあります。ワセリン自体にニキビを治すチカラはありませんが、ワセリンには、肌の乾燥を防ぎ、肌のサイクルを正常にするという働きがあるのだそう。
そして、肌のサイクルを正常にし、新陳代謝も高めてくれるので、肌本来の力を高め、ニキビのできにくい肌にしてくれます。

ワセリンを目にも使ってみましょう!

ワセリンは目元にも使えちゃうんです。まずは、まつげに塗ってみましょう。ワセリンの高い保湿成分により、まつ毛が保護され、まつ毛本来の健康な状態へと導いてくれるでしょう。本来の健康な状態になったまつげは長く、張りのあるものになっていきます。
また、ワセリンはアイメイクを落とす働きもしてくれます。たっぷりと保湿しながら落とすことができるので、気になる目元のしわも防いでくれます。化粧直しとして綿棒に少量のワセリンを含ませ、ポーチに忍ばせておけば、さっと取り出し、メイク直しができそうですね。

ただし、目の周りはデリケート。目元につけるワセリンはくれぐれも衛生的に取り扱うようにしてください。

他にもまだまだあるワセリンの使い方

マニキュアを塗る前に爪に塗れば、爪をより一層輝かせ、香水の前に体に塗っておけば、揮発性を抑え香水の香りを長持ちさせる。花粉症の人などは鼻にワセリンを塗っておくとその症状を和らげたり、と様々な用途があるワセリン。
安価ですし、無香料なのも色々な場所に使えていいですよね。明日からワセリンを使って全身ケアしちゃいましょう!
関連キーワード

関連記事