毎日自分で「なんだか気分の良い状態」を作り出せるヨガの魅力

毎日自分で「なんだか気分の良い状態」を作り出せるヨガの魅力

漠然とはしていますが…「何だか居心地の良い人」になれるコツを探ってみたいと思います。

気分の良い状態の時の私達は物凄く魅力的!ヨガは自分以外の何かには頼らない

突然ですが、「なんだか気分の良い」状態ってありますよね。
もしかしたら好きな人と一緒にいる時かもしれません。楽しみな予定を目の前にしている時かもしれません。
そんな時って「あれ?良いことあった?」なんて近くの人に声をかけられる事もある位だから、きっととっても良い顔をしているし、周りに対してもポジティブな良い雰囲気を醸し出しているもの。
その上、そういう状態の時って「空が綺麗だなあ」とか「あの人の優しさが素敵だったなあ」なんてプラスの事ばかりが目に映るものです。
でも、毎日楽しい予定ばかりではないから、いつだってそんな状態であるわけではありません。
でも、気分が良い状態に「自分の外側の世界」(自分以外の誰かや、自分以外の何か)に頼らず、「自分自身の中」からコントロールしてなれたら、と思いませんか?

心と身体の状態は密接に繋がっている!ヨガで身体をコントロールすると得られること

どんなに「集中しなくちゃ!」「笑顔にならなくちゃ!」と思ったって、無理やり上げたそのテンションはただただ自分を疲れさせるだけで結局何にもならなかったり。
残念ながら、私達には心の状態や気分を直接自分自身でコントロールする事は出来ません。
ヨガでは誰にでもコントロールする事の出来る、身体や呼吸をコントロールする事でその気分まで自分でコントロールしていきます。

気分が良い時、どんな呼吸をしていますか?どんな姿勢になっていますか?
落ち込んでいる時、どんな呼吸をしていますか?どんな姿勢になっていますか?

私達の心と身体の状態を密接につなげているのは自律神経。
身体と呼吸をコントロールし、うまく自律神経もコントロールしていく事で私達を内側から気分の良い状態に導いてくれます。

しなやかで魅力的な私になる!ヨガで内側から溢れる美しさを手に入れて

大人になればなるほど「○○しなければならない」がどうしても増えてきてしまいます。
でも、その志は時に自分自身を疲れさせ、さらには周りにもピリピリとしたムードを伝えてしまうもの。
だからこそ、しなやかで魅力的な私達になる為に必要な事は「○○しなければ」という強い意志ではなく、内側から溢れる気分の良さ。
大人だからこそ目指したい、そんな居心地の良さを自分自身の内側から作っていきましょう。
毎日自分で「なんだか気分の良い状態」を作り出せるヨガの魅力

関連記事