冬に起こりやすい髪のパサつきの原因!

冬に起こりやすい髪のパサつきの原因!

乾燥しやすいくせ毛は毛髪内部の水分量が低下しています。保湿成分でしっかりとケアをして、この乾燥を乗り切りましょう。

髪の水分量調節でなりたいツヤ、質感に

冬になるとシベリアからの季節風が日本海側に雨や雪を降らせ、水分を放出して太平洋側に吹き降りるため、空気がとても乾燥しています。
さらに暖房の使用、ヘアカラーやパーマなどのケミカル処理、ドライヤーやヘアアイロンの熱による外的刺激…、と美しくなりたいわたしたちの日常には髪のダメージの原因がいっぱい…!

髪のパサつきの要因は、湿度の低下にともなった毛髪内部の水分量の低下です。
必要以上に乾燥させると、頭皮もかゆみやフケをともなったり静電気がおきやすくなり、毛髪表面のキューティクルがはがれやすく傷みやすくなります。
毛髪内部の水分バランスが崩れたチリチリしたクセ毛がふえると、広がりまとまらなくなってしまいます。

乾燥しやすいパサついた髪には、うるおいを与え、静電気を防ぎ、しっとりとした髪へと導きたいもの。

水分量を調節するシャンプーでヘアケアを

そこでオススメしたいのが、「モルトベーネ キーズ シャンプー&トリートメント」
乾燥しやすいくせ毛用、カラーリングやパーマによるケミカルダメージ用、
デジタルパーマやヘアアイロンによるヒートダメージ用など、自分のダメージの悩みにあわせてなりたいつやと質感を実現します。

天然系のさわやかな香りもボトルもとてもキュートなのでバスタイムの気分があがります!

凝り固まった頭皮をそのままにしておくと血流が悪くなり、髪の栄養不足につながります。
寒い季節はお風呂でゆっくり温まり、栄養を与えやわらかで厚みのある地肌にしてあげることが必要です。

髪のベースが整ってまとまっているだけで、なりたいスタイルが作りやすくなりますよ!

関連記事