攻撃的な心を持たないことが小顔を作る!? ヨガの教えを見てみて

攻撃的な心を持たないことが小顔を作る!? ヨガの教えを見てみて

私達の内面は顔に出るとは言うけれど、穏やかな気持ちこそが小顔を作る、その理由を探ってみます。

ヨガの非暴力の教えが小顔のカギ!?

ヨガの中には日常生活を穏やかに送るための様々な教えがあります。
その中の一つがアヒンサー(非暴力)。
行いとして暴力的な行動をしないのはもちろんのこと、暴力的な気持ちを持たないのも大切と言われています。
例えば何かにイライラしている時、そのイライラした気持ちは行動や表情、言葉の端々から必ず漏れてくるものです。
そんなイライラした雰囲気は相手やその場に伝わり、笑顔だった人は無表情になり、その場の空気は重くなります。そんな経験、みなさんもあるのではないでしょうか?
その空気は言葉が伝わらないペットなどにも伝わってしまうくらい、その場の雰囲気を変えてしまいます。

イライラした時に私達の身体に起こる反応は?小顔になるのを妨げるのはなぜ?

ではなぜ、イライラすると相手に伝わるのでしょうか?
その一つが表情。
イライラしたり、ストレスを感じたりした時に、自分自身を守ろうとすると自然と私たちの身体は力んだ状態になります。
それは自分自身を守ろうとする防衛本能。
筋肉を収縮させて身体を守ります。
とくに、急所と言われる首を一番に守るために、首や肩、そして顔周りが緊張した状態になるのです。
攻撃的な心を持たないことが小顔を作る!?ヨガの教えを見てみよう

小顔を妨げる原因を探るとわかる、攻撃的な心こそが良くないと言うこと

顔を大きくしてしまう一つの原因は過剰についた筋肉です。
上述した首回りや肩周りの緊張は、歯の食いしばりなど、顔の緊張にも繋がります。
必要以上に力んだ首回りは顔周りの緊張は、筋肉を異様に発達させてしまうのです。
つまり、それこそが小顔を遠ざけさせる一つの原因!
それだけでなく、眉間のシワなど嬉しくないシワも作り出してしまいます。
だからこそ、攻撃的な心を持たないように練習することで表情もやわらかくしていく。
これこそが大人である私達だからこそ身につけたい一つのスキルですね。

関連記事