乳液からスタート!どんよりした肌が復活する基礎化粧品の使い方

乳液からスタート!どんよりした肌が復活する基礎化粧品の使い方

最近お肌の調子がどうも今ひとつ…。なんて人はぜひ試して欲しいのが乳液からスタートする基礎化粧のやり方です。

試して欲しい!乳液からのスタート

若い頃は、どんな化粧品を使っても大丈夫だったのに、「最近何を使っても乾燥する」「ザラツキがある」「スッキリしない」なんて人も多いのでは?
オイル美容液などを基礎化粧品に取り入れても相変わらずどんよりしたお肌だったら、試して欲しいのが乳液からお手入れをスタートする基礎化粧のやり方です。

乳液スタート型のお手入れの方法

普通だったら顔を洗った後に化粧水→乳液またはクリームという順番ですが、乳液スタートのお手入れ方法では、洗顔後、すぐに乳液を使います。それも乳液をコットンに大量に含ませて、両頬から引き上げるように内から外へゆっくりなじませます。額は下から上へ。マッサージするように、乳液をお肌に入れ込んでいくのです。堅くなった肌表面の角質をからめとるような感じで行うといいでしょうね。

すると、どうでしょう、これだけでエステに行った後のように内側からお肌がモチモチに! この後は化粧水でしめて終了です。

乳液スタートはどんな乳液がいい?

ここで気になるのが、普通の乳液でいいのか?という疑問ですが、私はNGかと思います。乳液先行の専門の乳液が発売されていますので、こちらでやるのが正解です。

普通の乳液はフタをするという考え方ですが、乳液先行型の乳液だと、肌を柔らかくすることを考えて、水分量、油分なども最初にお肌に浸透するように作られています。ぜひ専門乳液でやってみてください。

また、乳液先行の乳液では、コットンを使うことをお勧めしています。これは手でやるより、コットンで付けたほうが肌に入るという理由からです。メーカーによっては、乳液専門のコットンまで発売されています。確かにコットンで乳液を使うと、角質を取るマッサージ効果もありますね。

ただ、毎日角質を取りすぎるのはやり過ぎだと思うので、結局手とコットン半々で使っている私…。まぁ手でやっても、コットンでやっても、乳液スタートにすると、潤いが復活して今までとは違うハリがあるお肌になれることは間違いありません。お肌の層が整うって感じがしますね。

ちなみに、乳液先行専用の化粧水も発売されていますが、ここは普通の化粧水で良いかと思います。化粧品カウンターでも、普通の化粧水でも良いと教えてくれましたね。

普段のお手入れの順番を変えて、乳液から使ってみると、どのような変化があるか、お肌がモチモチになるか、気になる方はぜひ試してみてください。

関連記事