【出世する男子の作り方】清潔感は当然! 出世にはアレが必要!?

【出世する男子の作り方】清潔感は当然! 出世にはアレが必要!?

パートナーをイケダンに改造して、出世させるにはお手入れが不可欠!メンドクサイ男心をくすぐりながら自発的にケアさせるテクをお届けします♡

あなたのパートナーはスメハラ大丈夫?

あなたのパートナーはスメハラ大丈夫?
みなさん、はじめまして。男性美容研究家の藤村岳です。ここでは彼氏や旦那さんなどパートナーを今よりもっと素敵に改造するため、男性の「美」への意識を高める実践的なアドバイスをご紹介しようと思います。

実は、今どきの男性って本当に大変。以前は「多少汗臭くても一生懸命働いていれば、男はそれでいい」という時代がありました。そして、数年前は「男性でもスキンケアまで気を遣っている人はかっこいい」とアドバンテージを取れていたんです。

しかし、今は「男でも不潔なんて許されない」という時代。セクハラやモラハラと並んで、不快な臭いをふりまいたら、即、“スメルハラスメント!”と糾弾されてしまうのです。

元来、男性は女性に比べて筋肉量も多く、汗もかきやすい。そしてホルモンの関係で、皮脂の分泌も多いもの。臭いの原因は主に汗と皮脂ですから、ただでさえ、臭う環境にあるんですね。

もし、自分のパートナーがそんなスメハラ男だったら、皆さんは許すことができますか? そして友人の旦那さんや会社の上司、同僚が最低限のスキンケアをしていない不潔感のある男性だったら、どう思いますか?

不潔であることは、もはや“罪”なレベル

不潔であることは、もはや“罪”なレベル
今や“清潔にしているなんて当たり前”の時代。旧来型の価値観を持っている男性は不潔の烙印を押されてしまいます。それだけで、スタートラインにも立てず、むしろハンデを負ってスタートさせられることに。

誰かに「生理的にイヤ」という感情を一旦、持たれてしまうと、それを払拭するのは並大抵のことではありません。そう思われてしまった男性は、極論ですが、出世から遠のくでしょう。

たとえば、脂でギトギトした顔をぬぐった手で作った書類を素手で受け取りたいですか? 口臭がある人と面談したいですか? フケがいっぱいついたスーツの人と一緒に歩いていて、風下にいるあなたに飛んできたらどうしましょう?……こんな状況数え上げたらキリがありません。

日頃、あなたが感じている男性のケア不足による不快さは、彼の周りの女性が思っているものと同じ。自分の大切なパートナーがきちんとしていないと、あなた自身の価値を下げてしまっていることにも繋がりかねません。それを正しく注意して、優しく導いてあげられるのはあなただけなのです。

数字が語る、男性スキンケアの本音

数字が語る、男性スキンケアの本音
実際、編集部でアンケートをとってみたところ「自分と同じようにきれいになって欲しい」「自分のパートナーを周囲から素敵と思って欲しい」と答えた女性は、合わせて7割近くいました。

また「あなたから見て自分のパートナーはどれくらい美容に関心がある?」という質問に「ある/少しある/かなりある」と答えたのは6割を超えるほど。美容にポジティブな男性の姿が浮き彫りになっていますね。

しかし、一方で、約7割の人が「男性から美容的な悩みを相談されたことはない」とも回答しています。男性は、シャイでどう相談していいのかわからない、もしくは自己流のケアを続けているということでしょう。そこで、美容の先輩であるあなたの出番。パートナーを周りの男性と差別化するために、正しい美容のアドバイスをしてあげてください。

繊細な男心を上手く操縦する方法

繊細な男心を上手く操縦する方法
とはいえ、男ってメンドクサイ生き物。自分の知らないことを教えてもらうのが苦手で、有益なアドバイスもなかなか素直に聞けず、プライドゆえ反発したり、逆ギレで引っ込みがつかなくなってやめてしまったり……。

特に美容やケアなどの今まで触れてこなかった苦手な分野で、女性に「あ、それダメだよ」と指摘されるとむくれてしまうことも。心の中ではわかっていても、態度は意固地になってしまいがち。

男性に美容をさせる3つのコツをご紹介

1.まず誉めること
たとえ、顔を乱暴にゴシゴシ洗っていたとしても、「こすったらダメ!」とは言わずに、「きれいにしていてくれて、私はうれしい」と最初はとりあえず肯定してあげましょう。これだけで、男性はとてもうれしくなり、「またやろう」という気にもなります。

2.論理的に説明すること。
「ゴシゴシこすると肌が傷ついて、炎症とかできやすくなるよ。私と手を繋ぐ時みたいに優しく洗ってあげる方が、顔も絶対よろこぶし、ムダに老けないよ」と理由とわかりやすい比喩で説明を。

3.タイミングを見極める。
モチベーションが上がったそんなタイミングを見逃さず、効果的な言葉を彼にかけてあげれば、きっともっと素敵な男性へと変身できるはず。


パートナーの美容意識を上げることは、周囲の人から嫌われないための危機管理の一貫。他の男性と差をつけたいなら、あなたのお得意の美容でバックアップを。そう、パートナーの未来はあなたの肩に掛かっているのです!

関連記事