ヨガと食事の関係!?  早めの食事がヨガの効果をさらに高める

ヨガと食事の関係!? 早めの食事がヨガの効果をさらに高める

ヨガに通っていると「ヨガをする2時間前までに食事は済ませてください」と言われたことありませんか? その理由について解説します。

ヨガの直前に食事をすると

ヨガをしようとすると、必ず言われる、「2時間前位には食事を済ませておいてください」なんて言葉。
確かに、小学校の頃、給食の後の体育は何だか気持ちが悪くなることもあったけれど、でも、なぜそんなことを言われるのでしょうか?
もちろん、ヨガでは身体をねじったり、逆立ちになることもあるので、直前に食事をしていると気持ち悪くなってしまうこともあります。

ヨガの前は早めに食事を済ませる事で身体の感覚に繊細に

ヨガは自分の身体の感覚に敏感になっていく時間。
その一呼吸に、その伸ばした指の先まで意識的になっていきます。
普段無意識に行ってしまっている身体の様々な動きに「気づき」を深めていくことで、自分というものをよりよく知り、そしてこの自分自身が居心地の良い状態であるためにはどうしたら良いのか、と言いうのを知っていく時間です。
今ここにある自分自身のありのままに意識をもっていくこと。
最近ではマインドフルネスなんて言葉であらわされていることもあります。
ヨガの前は早めの食事が効果的

食事した直後のヨガは集中できない!?

では、食事に話を戻しましょう。
例えば直前に食事をしてお腹はいっぱいの状態。
ヨガのクラスの最中に身体をねじれば、お腹はキュルキュル…。
そのお腹の状態に私達の頭や心は気を取られ、身体をねじることに意識は向きません。
だんだんとインストラクターの声もあまり耳に入らず、頭の中は「キュルキュル言っているお腹」でいっぱいです。
逆立ちになれば、食べたものが逆流しそうで集中ができなかったり。
逆立ちの状態で身体の感覚の集中が奪われるととっても危険!すぐに逆立ちは崩れてしまいます。
そう、お腹に食べ物が入った状態だと、身体の中では内臓がせっせと働いている状態。
そこに色々な刺激を加えれば身体の中は大忙しの状態!そして私達の意識もそちらにばかり奪われて、結果として自分自身の身体や心の状態を観察することができなかった…なんて事態にも!

ヨガの効果をさらに深める為の第一歩。食事に気を付けてみよう

ヨガを深めていくことで自分自身のこの身体がどんどん好きになることができます。
そこまでヨガを深める為の第一歩!まずはヨガの前の食事から気を付けて、自分の身体を楽しんでいきましょう。

関連記事