保湿してもカサつく肌の原因は、クレンジングかもしれません

保湿してもカサつく肌の原因は、クレンジングかもしれません

なんとなく選んでしまっているクレンジング。実は、クレンジングが肌の乾燥を左右するって知ってましたか?

乾燥が気になる肌には保湿力のあるクレンジングを選んで

メイクを落とすクレンジング剤の種類は、大きく分けて「オイルタイプ」「ジェルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」「拭き取りタイプ」などがあります。この中から自分の肌に最適なクレンジングを選ぶのは意外と難しいですよね…。

クレンジングを選ぶ際に大切なことは、できるだけ肌に負担のないものを選ぶこと。もし、落ちるのが早いといった手軽さだけで選んでしまうと、結果的に肌の負担となってしまい、乾燥肌の原因となってしまうこともあるのです。

保湿重視! 肌に負担がかからないクレンジングの選び方

もちろん、肌に刺激の強い拭き取りタイプやオイルタイプを使用しても、問題なく使えて肌質に合っていれば変える必要はないのですが、年々、乾燥が気になってきたというような年齢肌の方は特に注意が必要です。

また、肌は季節環境の影響を受けます。寒い季節の肌を乾燥から守るためにオススメなのは「クリームタイプ」「ミルクタイプ」です。

もし、アイメイクなどが落ちにくい場合は、目元のみ専用のクレンジンジングで軽く落としたあと、肌全体はお肌に優しいクレンジングを選んで丁寧に洗ってあげることをオススメします。

老化は、どうしても避けて通れませんが、少しでもゆっくりと年齢を重ねていけたら素敵ですよね。スキンケアの基本は、落とすことから始まります。エイジングのお悩みを加速させないために、たとえお肌が丈夫であったとしても、クレンジングは慎重に選んだほうが良いかもしれません。

関連記事