肌が不調のときは攻めのスキンケアはお休みして

肌が不調のときは攻めのスキンケアはお休みして

突然の肌トラブル…スキンケアを悪者にしがちですが、実はスキンケアだけが原因ではないのです。

大人の肌はデリケート、肌不調の原因はスキンケアだけではないのです

スキンケアを変えたわけでもないのに、突然の肌のかゆみ、赤み、ぶつぶつ…。
そんな経験、誰にでも一度はあるかと思います。
そんな時は、スキンケアが合ってなかったのかも…と、肌トラブルが起きる度に変えてしまう方がほとんどではないでしょうか?

年齢を重ねるごとに、肌質は微妙に変化していくので、長く行っていたスキンケアがだんだん合わなくなってきたり、物足りなくなってくるということはもちろんあります。
でも、肌トラブルの原因は実は、スキンケアだけではないのです。

大人の女性の肌トラブルの原因は、ほとんどが体の中からと言われています。
要因として考えられるのが、ホルモン的なもの、ストレス、体調不良、睡眠不足、偏食、環境の変化など…。
肌は体の中を反映する鏡です。
まずは、体内環境から見直してあげることが肌トラブル改善の近道と言えるのではないでしょうか。

肌が不調の時は保湿メインのスキンケアに切り替えて

肌が不調の時は、いつも使っている基礎化粧品でさえ敏感に反応してしまうこともあります。
そんな時は、高価な美容液などいくら与えても逆効果になることも。
肌が落ち着くまでは、アイテムを変えたり、エイジング対策のスペシャルケアに力を入れることは一旦お休みしましょう。
また、肌荒れを起こしている時は、角質層の水分保持力が低下し、肌の内側から水分がどんどん蒸発していきます。

お手入れは、刺激の少ない成分で配合されたローションなどで潤いを与えた後、仕上げに保湿効果のあるクリームをたっぷり重ねづけするとよいでしょう。
もし、ローションがしみるほど肌力が弱っている場合は、スキンケアを一旦お休みしてワセリンなどでお肌をしっかり保護してくださいね。

関連記事