スーパーフードでハッピーボディ「醤油」編

美容効果も!? 身近な調味料「醤油」がスーパーフードである理由

スーパーフードの「醤油」は、日本が誇る発酵食品の一つ。毎日のように使っているのに、実はその美容・健康効果を知らない…という人も多いのでは?
スーパーフードでハッピーボディ Vol.44「醤油」編

   醤油

Soy sauce

日本の伝統的な調味料の醤油。大豆や小麦で作った麹と塩水を熟成・発酵させて作る発酵食品です。適度な塩分、アルコール、有機酸、ビタミン、ミネラルが含まれており、その健康効果に注目が集まっています。

原材料となっている大豆にはニコチアナミンという成分が含まれており、血圧降下作用があることが分かってきましたが、褐色色素のメラノイジンにも血圧を低下させる効果が期待されています。メラノイジンには、コレステロール低下作用、血糖値の上昇を抑える作用もあり、適度に摂れば生活習慣病の予防効果が期待できます。

醤油の香り成分には、抗酸化作用があり、生活習慣病や老化の予防にも効果的です。また、腸内環境を整える植物性乳酸菌も含まれます。

その他に、胃液の分泌を高め消化を促進する働き、食中毒の原因となる病原菌の増殖を抑制する働きなどもあります。味に深みやうま味を引き出すこともできる醤油は、適度にとることで健康の維持増進につながります。

[注目ポイント]
生活習慣病予防に効果的

[栄養など]
ニコチアナミン、メラノイジン、植物性乳酸菌

次に、ワンランク上のお醤油味!「アボカドの自家製ひしお味噌和え」をご紹介。


アボカドの自家製ひしお味噌和え
醤油を使ったレシピ「アボカドの自家製ひしお味噌和え」

材料(2人分)
[自家製ひしお味噌]
醤油(しょうゆ) …200ml
水 …100ml
ひしおの糀 …180g

[アボカド和え]
自家製ひしお味噌 …大さじ1
わさび …少々
柚子果汁 …小さじ1
塩 …少々
ブラックペッパー …少々
アボカド …1個
木綿豆腐 …1/2丁
きゅうり …1/2本
アーモンドスライス …10g
柚子の皮 …適量

作り方
[自家製ひしお味噌]
1.
煮沸消毒した保存容器にひしおの糀、醤油、水を入れてよく混ぜ合わせたら蓋をして冷暗所に保管する。

2.
1日に1回清潔なスプーンやお箸などでよく混ぜ合わせる。4日~1週間後からが食べ頃。

[アボカド和え]
1.
アボカドは包丁で縦半分に切れ目を入れ、ずらすように2つに分ける。種を取り除き、皮から果肉を外したら1cm角に切って柚子果汁を和えておく。木綿豆腐は重石をして水気を切り1cm角に切り、きゅうりはみじん切りにしておく。

2.
ボウルにひしお味噌とわさびを入れて練り混ぜたら、1のアボカド、木綿豆腐、きゅうり、さらにアーモンドスライスを加えて軽く混ぜあわせて塩とブラックペッパーで味を整える。お好みで細かく切った柚子の皮を散らす。
「アボカドの自家製ひしお味噌和え」の美容効果
▪ 生活習慣病予防  ▪ 腸内環境 ▪ アンチエイジング 

血圧低下作用のあるカリウムが豊富なアボカドと、醤油の血圧降下作用で、生活習慣病予防が期待できます。アボカドのオレイン酸は便通を良くする働きもあり、醤油の植物性乳酸菌との相乗効果で腸内環境も整います。アボカドのビタミンEや醤油の香り成分で抗酸化作用も期待できます。

 Profile
■監修・解説文/篠原絵里佳(しのはらえりか)
管理栄養士、野菜ソムリエ、睡眠改善インストラクター。
日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として、体の中から美を作る食情報を得意とし、幅広く発信している。
http://ameblo.jp/erica-dietitian/

■料理・スタイリング/マキシタユミコ
食卓コーディネーター、ナチュラルフードインストラクター。
アパレル、Web業界を経て料理の道へ。デザインの現場で培った経験を食の世界に活かし、日々の食卓を豊かにするテーブルコーディネートやレシピなどの提案を行っている。
http://instagram.com/yunmaki/

■撮影/宮澤 聡

関連記事