冬といえばおでん!ヘルシーな具・高カロリーな具を知っておこう

冬といえばおでん!ヘルシーな具・高カロリーな具を知っておこう

寒い季節に欠かせないのが、ほかほかのおでんです。しかし、その中にも「ヘルシーな具」と「高カロリーな具」があるのをご存知でしょうか…?

低カロリー&代謝UP!おでんに隠された落とし穴とは…?

どの具材を選ぶかで、明暗が分かれる?
身体を温めて代謝UPに一役買ってくれるほかほかのおでんは、本来であれば積極的に食べて欲しい料理です。

しかし、食材によって美容効果やカロリーはまちまち。ヘルシーな具と高カロリーな具の違いを知って、意識した具材選びをしていきましょう!

たくさん食べたい!ヘルシーなおでんの具

では、おでんの中でも優先的に食べて欲しい具をご紹介していきたいと思います。

1.大根 :約14kcal
おでんの好きな具、というと多くの人が大根を挙げると言われています。美味しいだけではなく、低カロリーな上に美容効果も満点なのが大根の優秀なポイントです。
●食物繊維:便秘を改善
●ビタミンC:お肌のコラーゲン生成を促し、美肌に導く
●カリウム:余分な水分を排出し、むくみ解消に

2.卵 :約85kcal
半熟卵も美味しいですが、味が染みてしっかり火の通ったおでんの卵も格別の美味しさです。おでんを食べる時は、必ず1つは食べて欲しい具と言えます。
●たんぱく質:良質のたんぱく質は、美肌・美髪に欠かせない成分。身体を形作る必須栄養素のため、不足するとカサカサした女性に…

3.こんにゃく、しらたき :約10kcal
ヘルシー食材として既に知られるこんにゃく・しらたきですが、美容効果のほうも無視できません。かなりボリュームがあるので、お腹の容量も考えつつ食べて欲しい具です。
●セラミド:お肌の保水性を高めてくれるので、しっとり美肌に導いてくれる

4.牛すじ :60kcal
意外にもカロリーがあまり高くない牛すじは、好き嫌いの分かれる食材かもしれませんが、その美容効果を知れば、きっと食べたくなるはずです!
●コラーゲン:牛すじは、鶏皮やフカヒレも敵わないコラーゲンの宝庫。コラーゲンは体内で分解され、美肌に欠かせない成分であるアミノ酸になる

要注意!高カロリーなおでんの具

では、食べ過ぎに注意していただきたいおでんの具もざっとご紹介したいと思います。以下の具ばかりの組み合わせは、ダイエット的にNGですのでご注意を…!

●ソーセージ
●ソーセージ巻
●ちくわぶ
●餅巾着

関連記事