保湿対策は洗顔で。毛穴トラブルを引き起こす乾燥を撃退しよう!

保湿対策は洗顔で。毛穴トラブルを引き起こす乾燥を撃退しよう!

女性の大敵でもある「乾燥」。毛穴の原因にもなり得る乾燥は、洗顔のポイントを見直して対策していきましょう!

保湿ケアの基本は洗顔しすぎないこと

多くの女性の肌悩みの上位を占めるのが、毛穴の悩みではないでしょうか。そして、そんな毛穴の悩みのひとつでもある「毛穴づまり」の根本の原因は、実は肌の乾燥からきています。

肌を乾燥させる要因のひとつが、洗いすぎ。洗いすぎると、肌を守っている天然の皮脂と一緒に、肌の潤い主成分であるセラミドやNMF(角質細胞内にある、水分を保持する働きをする天然保湿因子)が一緒に洗い流されてしまいます。そのため、肌の水分量がどんどん低下していき、乾燥しやすくなるといわれています。

ですので、基本的に洗顔回数は「1日2回まで」を心がけましょう。

保湿のためには、肌の水分量を上げましょう

肌の水分量が少なくなってくると、バリア機能が低下し、肌表面の角質が厚くなっていきます。その結果、毛穴の出口が本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質でふさがれるため毛穴がつまってしまいます。

この「毛穴づまり」のスキンケアのポイントは、毛穴周辺の角質が固くならないようにケアしながら肌の水分量をアップさせることです。また、毛穴づまりの角栓とは、ほとんどが古い角質と汚れが混ざったものなので、タンパク質を分解してくれる洗顔料で落とすとより効果的です。

おすすめ保湿ケア! 酵素洗顔のススメ

そんな時のお勧めのひとつが酵素洗顔。酵素は、厚くなった角質や毛穴に詰まった皮脂やタンパク質を取り除いてくれる力を持っているのです。定期的に酵素洗顔を行い、角質が厚くならないように気を付けましょう。

また、洗顔後はセラミド配合のスキンケアなどでしっかりと保湿をしてくださいね。肌の水分量が上がると肌がふっくらとしてくるので毛穴の目立ちを抑えます。

関連記事