春=ふんわりピンクは古い?!   今春は「ブルーメイク」がキテる

春=ふんわりピンクは古い?! 今春は「ブルーメイク」がキテる

春のメイクといえば、ふんわりピンクのイメージが強いかと思いますが、今年の春のオシャレ女子はメイクに「ブルー」を取り入れるのが主流なんです!
Sao

春のトレンドメイクは「ブルー」に決まり! オシャレ女子の仲間入りを

春になって暖かくなってくると、メイクも明るいものをチョイスしたくなりますよね。春のメイクといえばやっぱり「赤味のあるふんわり系のピンク」を取り入れる人が多いかもしれません。
しかし、今年の春のトレンドはずばり「ブルーメイク」なのです。アイシャドウもチークもリップもブルーを取り入れるのがオシャレ女子の間で評判。
とはいっても、アイシャドウにブルーを使うのはわかりますが、チークやリップにブルーを取り入れるのはイメージがわきませんよね! いったいどういうことなのでしょうか。

今春おすすめのブルーメイクをご紹介

ブルーメイクといっても、チークやリップも「青」にするのではありません。ブルーメイクに取り入れて欲しいのは「青味がかったピンク」なのです。ピンクと一言でいっても、赤味が強いものや青味の強いものなどさまざまなピンクがあり、今年の春はその中でも青味の強いピンクを使ったメイクが人気なのです。

それでは、そんな青味がかったピンクを使ったおすすめの「ブルーメイク」をご紹介します。

【アイシャドウ】
淡い水色やエメラルドグリーンをチョイスしましょう。まぶた全体に塗るのに抵抗がある人は、全体はゴールド系にし、目じりに青系の色味を足すのもおすすめです。

【チーク】
肌の色になじみにくいと言われる青味の強いピンクですが、薄めに塗布すればナチュラルな仕上がりになりますので、チーク専用のブラシで優しく塗りましょう。

【リップ】
チークの色に合わせ色を選んでみてください。一度コンシーラーなどで唇の色を消してから塗ると、より発色の良い綺麗な唇に仕上がりますよ。

ブルーメイクで春も女性らしく

「ブルーメイク」の魅力は、柔らかい印象を与えつつも涼しげでクールに仕上がるところにあります。春はファッションもメイクも明るい色を取り入れたくなる季節。今年の春は、かっこいいブルーメイクでトレンドを取り入れつつ、春らしさを演出していきましょう。

関連記事