スイーツ好きの女性必見、甘いもの注意報!

スイーツ好きの女性必見、甘いもの注意報!

甘くて美味しいスイーツは、「太らない程度なら食べても大丈夫」なんて思っていませんか? 残念ながら、それは甘い考えかもしれません…。

女性の敵?! スイーツは疲労と空腹感をもたらして太りやすい身体に

甘くて美味しいスイーツが好きな女性には耳が痛い話かもしれませんが、スイーツに含まれている糖分は、想像以上に美容と健康と害をもたらすといわれています。というのも、太りやすさ・肌トラブル・老化の加速などのトラブルとスイーツに含まれる「砂糖」が関係してくるからなのです。

まず、朝に甘いものを食べると脳のスイッチが入るとか、疲れているときに甘い物を食べると元気になる、と錯覚するのは、実は血糖値の急上昇という不健康な状態から生み出される「シュガーハイ」のせいだといわれています。

血糖値が急激に上昇すると、インスリンという物質が出やすくなります。そして、急激に上がった血糖値はすぐに落ちやすく、数時間後に疲労と空腹感をもたらすだけに終わるという悪循環をもたらすのだそう。

確かに脳はグルコースという糖分を必要としていますが、こういうときは、甘い物を食べるのではなく、玄米などの良質な炭水化物から摂取するのがオススメです。白砂糖やグラニュー糖など、精製された砂糖を摂り続けると、身体がどんどん甘いものを欲してしまうので要注意です。

甘いスイーツがシワ、シミ、たるみの原因に

また、筋肉の内部では、糖分は塩分と同じように水分を引き寄せ、むくみの原因になります。普段は日焼けをしないのに、シミができやすいという人は、砂糖の摂りすぎかもしれません。

なぜなら、糖分を摂ると、肌の中でタンパク質と結合して「糖化」が起きてしまうといわれています。糖化とは、体内にあるたんぱく質と、摂取した「糖」が結びつくことによって、糖化したたんぱく質が生成され、体内に蓄積してしまうことを指します。

その結果、AGE(終末糖化産物)と呼ばれる物質をコラーゲンの中につくります。AGEは肌の弾力を損ない、シワ、シミ、たるみなど老化の原因となるといわれています。そしてAGEは分解しにくく、蓄積し続けるものだそう。ですので、シワ、シミ、たるみをつくらないためにも、そもそもAGEをつくらない食生活を心掛けたいですよね。

「ふわふわ」「サクサク」スイーツはアンチエイジング最大の敵

クッキー、ポテトチップス、菓子パン、ドーナツなど、お店には美味しいそうな誘惑がたくさん並んでいますが、悲しいことに、これらはすべてアンチエイジング最大の敵だといわれているのです。

なぜなら、これらのお菓子には「トランス脂肪酸」という脂肪分が入っているからです。この「トランス脂肪酸」は、ニューヨーク市では、2006年12月から外食産業での使用が制限され、カリフォルニア州では2008年8月から全面禁止とされました。アメリカでは既に危険と認知されているものが、日本ではまだ至る所で多く使用されています。

マーガリンやコーヒーについてくるミルクもトランス脂肪酸から作られているものが多いといわれています。知らないとつい気軽に使ってしまいがちですが、老化を進めるものですから、できるだけ摂らないようにしたいものです。

また、女性が好きなアイスクリームも気をつけてください。冷たいものは甘さを感じにくいので、想像以上に砂糖をたっぷり入れてつくられています。口で溶けて、液体で体内に吸収されるので、まず血糖値が急激に上昇します。

さらに、牛乳や乳製品が使われているので、なおさら老化の原因である炎症を引き起こしやすくなります。そして、前述したトランス脂肪酸。市販のアイスは簡単にふんわり感を出すために、トランス脂肪酸が大量に使われているものもあります。砂糖と脂肪分が結びつくと、恐ろしいくらい老化のスピードを加速させてしまうのです。

「ローカロリー」「ノンシュガー」スイーツに騙されないで

甘いスイーツの糖分は太りやすく、肌トラブルを起こし、老化も加速しやすいと聞いて、「人工甘味料なら太らないんじゃない?」と思ったあなた。残念ながら、その反対で、砂糖よりも約6倍太りやすくなるといわれているのが人工甘味料なのです。

パッケージの表に「ローカロリー」「ノンシュガー」「ゼロカロリー」と書かれているものには、だいたいアスパルテームなどの人工甘味料が使用されています。

これら人工甘味料は、食欲を刺激する作用があるともいわれているので要注意です。こうしたものを食べれば食べるほど、ますますお腹が空いて食べたくなってしまう可能性があるので注意したいところです。

また、人工甘味料はセロトニンという幸福物質を分泌させないようにする働きがあるのだそう。幸せと感じる気持ちや、満腹感をもたらすのがセロトニンの役目なのですが、人工甘味料のせいでセロトニンの分泌が止まれば、イライラや不安感なども出てくる原因となります。

甘いもの好きな美女にオススメのスイーツ

甘いスイーツは健康と美容を害するとわかっていながらも、女性はホルモンバランス的に甘いものが欲しくなりがちです。

甘い物が食べたくなったときのオススメは、ドライフルーツやカカオ70%以上のチョコレートです。どちらも抗酸化物質と食物繊維が豊富で、かつ血糖値も上がりにくいため、たくさん食べなくても自然と満足感を得られることができます。

自分でスイーツをつくる際には、甘味料も低GI値のアガベシロップやメープルシロップなど、天然のものを選ぶようにしましょう。

関連記事