顔ダニ大丈夫? 正しい洗顔法でニキビ0の美肌を

顔ダニ大丈夫? 正しい洗顔法でニキビ0の美肌を

聞いただけでもぞっとする顔ダニって聞いたことありますか?

美肌の大敵「顔ダニ」って知っていますか?

みなさんは「顔ダニ」を聞いたことがありますか?
私たちの生活において、お布団やタオル、洋服、靴などダニがいることはご存知だと思いますが、まさか顔にまでダニがいるなんて…と驚かれた方も多いと思います。
でも、安心してください。顔ダニはどんな人でもいるものです。
しかも、5千種類以上いると言われています。
そしてその中でも、人間の顔にいるのは2種だといわれています。
しかし、その2種は放置してしまうとかゆみや痛みの原因になったり、最悪はニキビ肌の原因にもなってしまうのです。
では、一体どうしたら顔ダニに悩まず、美肌を手に入れることができるのでしょうか?

顔ダニの原因と対処法

人の顔には皮脂腺が多くあり、余分な脂が出ると、それを餌に顔ダニが多く発生してしまいます。
顔に炎症が起きて、赤ら顔になってしまっている方は特に、顔ダニが関わっている可能性があります。
しかし、症状もニキビと似ているため、なかなか区別することが難しいといわれています。
ニキビのように赤く点々と腫れ上がり、時には患部がかゆくなることもあります。
かいてしまうと、そこからまた殺菌が入り、ニキビの原因にもなってしまうので、注意しましょう。

顔ダニの一番の原因は、洗顔の際の洗い残しと言われています。
肌を清潔に保っていないと、皮脂や皮膚の細胞が溜まっていき、それが顔ダニの餌になってしまうのです。
また、残ってしまった洗顔フォームも顔ダニの餌になります。
洗顔は、洗顔フォームが残ったりしないよう、しっかりと洗うようにしましょう!
しかし、洗いすぎも余分な皮脂が落ちてしまい、乾燥肌を引き起こしてしまう原因にもなるので、気をつけましょう。
また、この顔ダニですが、実は私たちの皮脂を食べることで、肌を調節してくれるという利点もあります。
そのため、あまりいい気分ではありませんが、ある程度は顔ダニがいてもいいとされています。
そのためにも、洗顔のしすぎはよろしくないので、朝でしたら、洗顔料を使わずぬるま湯で軽く洗ってあげるくらいがちょうどいいでしょう。

いかがでしょうか?
肌荒れしない美肌を目指すために、日頃の何気ない洗顔を大切にスキンケアしましょう。
関連キーワード

関連記事