必見! その習慣がヘアカラーを抜けやすくしているかも?!

必見! その習慣がヘアカラーを抜けやすくしているかも?!

あなたのその習慣がヘアカラーを長持ちさせる邪魔をしているかもしれません! 一度見直してみませんか?

ヘアカラーの持続を邪魔している悪習慣とは

多くの日本人女性がヘアカラーをして楽しんでいるかと思いますが、意外と気になるのがヘアカラーが長持ちしないということ。染めてから数週間、早い時は1週間程度で染めた当初と髪色が変わってくるなんてこともしばしば。
実は、それはあなたの気付いていない悪習慣が影響をしているかもしれないのです。

ヘアカラーを持続させる為に知っておこう!

(1)染めた日とその次の日は髪を洗わない
ヘアカラーをしている方は、約1ヶ月半に1回、長くても2か月に1回は染め直す習慣があることでしょう。ヘアカラーをした後は、約24時間かけて髪が酸素に触れることでカラーの色味が完全に定着するといわれていますので、染めた日とその次の日は髪を洗わない方が良いといわれています。

(2)熱いお湯で髪を洗うのはNG
ヘアカラーは熱に弱いと言われていますので、髪を洗う時は38度程度のぬるま湯を使うようにしましょう。また、髪のキューティクルも熱に弱いとされていますので、髪の健康を保つためにも熱いお湯はおすすめできません。

(3)ドライヤーの使い過ぎには注意
熱に弱いヘアカラーはドライヤーの熱によってもダメージを受け、色が抜けやすくなります。ですので、必要以上のドライヤーは控えるように心がけてください。

(4)紫外線ケアを怠っている
紫外線が与える髪へのダメージは皆さんご存知かと思いますが、そのダメージよって髪がパサパサになってしまい、ヘアカラーの色落ちも進行させてしまう可能性が…。夏だけでなく、一年中髪の紫外線ケアも心がけてください。


色落ちした髪は、あまり印象が良いとはいえませんよね。女性の命とも言われている髪の毛、いつでも万全の状態を保つようにしていきましょう。

関連記事