体が冷えると老ける?その理由と冷え取り健康法

体が冷えると老ける?その理由と冷え取り健康法

あなたの老化を加速させる体の冷え。体を温めることは美容と健康にはかかせません。さあ、体の冷えをとり、ベストな自分を取り戻して!

なぜ、冷え性になるの?

女子に多い、冷え性。手足や体の一部、また全身がやたらと冷えるという人も。そもそもなぜ、そんなに冷えるのでしょうか?

女性は筋肉が少ないのが1つの理由。筋肉が少ないとエネルギーを作れない、すなわち体温を上げられないからなのです。

効果的な食事や運動ができていなかったり、自律神経が乱れているのも、冷えの原因になります。

なぜ、冷えが老けの原因に?

冷えると血行が悪くなります。すると足などはむくみだし、老廃物が溜まるというのです。そこに脂肪がたまってしまい、下半身太りになる人も。

血行が悪いとデトックスができていない状態なので、体の不調を来すことに。その結果、肌荒れが生じたり、髪に艶がなくなったり、顔色が悪くなったり、お化粧のノリが悪くなったりと、いいことなし。美容に悪影響を及ぼしてしまいます。

では、どうしたらいいのでしょうか?

冷え取りの第一歩は、血行促進

筋肉が少なかったり、一日中、座りっぱなしの職業だったりするなら、血行が滞っている可能性が! 毎日少しずつでも運動することをオススメします。エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を上り下りするだけでも違いがあるのだそうですよ。
最初は、運動量を少なめにして、家庭用のマッサージ器の力をかりながら、血行促進を図り、筋肉がついてきたなと思ったら、ちょっとずつウォーキングやジョギング、スポーツジムなど、自分に合った運動方法を加えていくといいかもしれませんね。

また、食べる物にも気を配ってほしいもの。添加物や砂糖(精製糖)、乳製品を多く摂取していると体を冷やすようですし、冬に生野菜を多くとってしまえば体が冷えてしまいます。体を冷やす作用がある夏野菜や南国系の果物も、冷え症の人は控えめにした方がよさそうです。

ストレスや生活習慣にも要注意。体が冷えると血行が悪くなり、気分も下がりますし、自律神経のバランスが乱れるのだとか。すると、どうでもいいことにストレスを感じやすくなったり、それで不眠になったりもしますから、翌朝の化粧ノリが悪くなるのも当然! 

動くのが苦手なら、まず今はやりの靴下の重ね履きや、冷えを取るといわれるシルクの下着に変えることから始めるといいかもしれませんよ!
関連キーワード

関連記事