食べるスキンケア!ネクストブームは「エゴマ油」

食べるスキンケア!ネクストブームは「エゴマ油」

昨年に引き続き“食べるスキンケア”が大流行している中、テレビに取り上げられて話題沸騰中の「エゴマ油」について分かりやすくまとめました。

毎日スプーン1杯のエゴマ油で簡単スキンケア法!

まずエゴマ油(別名・しそ油)には、健康を保つために必要な脂肪酸のひとつであり、体内で生成されない必須脂肪酸のα-リノレン酸やオメガ3脂肪酸がとても多く含まれています。このα-リノレン酸には、皮膚や粘膜の機能を強くしてくれるだけでなく、中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる効果、またオメガ3脂肪酸には同じく脂肪燃焼効果や皮膚のたるみやしみを予防、脳機能を活性化する効果などが期待できます。

実は、油には大きく分けて2種類あり、お肉や乳製品といったものに含まれる飽和脂肪酸と、魚類や植物性油脂に含まれている不飽和脂肪酸があります。エゴマ油は、この不飽和脂肪酸に分けられ、食べても太らない油と言われているんです!

エゴマ油を毎日スプーン1杯摂取することにより、上記の効果が得られるほか、「にきびが無くなった」や「体重が減った」といった声も。そのまま食べるのは抵抗があるという方はサラダにドレッシングとしてかけたり、お料理に1スプーン加えてあげるのもいいですね!

乾燥肌必見!お肌に直接エゴマ油を塗るスキンケア法!

乾燥が気になる部分には、エゴマ油を直接塗って保湿ケアをしてあげましょう! 塗る量は、お顔なら小さじ半分程度をお風呂上がりに化粧水をつけた後、優しくエゴマ油でマッサージをするようにつけます。

エゴマ油には、肌荒れ予防やアトピー改善の効果が期待できるほか、お肌が弱い人からお子さんまで塗っても食べても使えるスーパー万能油なんです!

関連記事