海外で話題の目のクマ対策は「赤リップ」で隠しちゃう?!

海外で話題の目のクマ対策は「赤リップ」で隠しちゃう?!

寝不足や疲れ気味の時に気になる「目のクマ」。今海外では、そんな目のクマを隠すのに「赤リップ」が使われていると話題なんです!
Sao

どうして赤リップで目のクマが隠せるの?

目のクマを隠してくれるアイテムの定番といえば、コンシーラーですよね。目のクマだけでなく、肌荒れやくすみなどの肌トラブルにも効果的な王道アイテムです。
しかし、近頃海外で話題になっているのが目のクマを「赤リップ」で隠すという技。
コンシーラーだけだと、意外と白浮きしてしまったり、肌になじまないなんてことがあるのですが、赤リップを使うと自然な目元が作れちゃうと人気なのです。
どうして目のクマが赤リップで隠せるのでしょうか?

それは、「赤」という色に秘密がありました。
目のクマは、大きく分けて青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があるといわれていて、その中でも赤リップで対策が出来るのが「青クマ」なのだそう。というのも、青と赤(オレンジに近い赤)は、色相環で正反対の位置にある「補色の関係」にあるから。補色の関係にある色同士は、補色調和といわれる相乗効果があり、この働きによってお互いの色味を打ち消してくれるのだそう。
ですので、青味のあるクマにオレンジに近い赤のリップを塗ることで、目立たなくしてくれるのです!

赤リップで青クマ対策を! 気になるその方法は?

まずは、赤リップの選び方から。
色相環の反対にある補色を選ぶのが良いと前述しましたが、これを参考にご自分のクマの青味を見極めて、赤リップの色味を決めましょう。
また、肌の色とも関係しており、色の白い人は青味が強く出る傾向がありますので、よりオレンジが強い赤をチョイスすると良いと思います。また、反対に小麦肌の人は紫に近い赤を使ってみるとキレイに対策できますよ!
そして、ラメやパールが入っているものではなく、マットなものをチョイスするとより自然に仕上がるのでおすすめです。

それでは、赤リップを使ったクマ対策法をご紹介します。
1.化粧下地を顔全体に塗る
2.赤リップをクマが気になる所にポンポンと軽くたたくようにのせる
3.その上から、コンシーラーを薄く伸ばす
4.最後にファンデーションを塗っておしまい


青クマ対策に「赤リップ」を使う方法。
簡単にできますので、一度試してみてください。
関連キーワード

関連記事