寝ても寝ても眠い春。春の眠気対策におすすめの方法をご紹介

寝ても寝ても眠い春。春の眠気対策におすすめの方法をご紹介

「春眠、暁を覚えず」ということわざがあるように、春はどんなに寝ても眠い…。その理由と対策方法は?
Sao

必見! 春の眠気にはこんな原因があった

(1)自律神経のバランスが乱れる
冬と春は気温差が激しいですよね。ついこの前まで雪が降っていたのに、気付いたらポカポカ陽気に。気温差が激しいと、体調を崩したり風邪をひく人が増えますが、これは自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因の一つに考えられます。つまり、気温差と自律神経には特別な関係があるのです。そして、体の調子を整える働きをしている自律神経のバランスが乱れてしまうと、体のONとOFFの調整がうまくいかず、十分な睡眠をとっても眠気に襲われてしまうのだといわれています。

(2)暖かさによって脳に送られる血液量が減ってしまう
気温が上がってくると、皮膚表面の血液量は増えていくといわれています。しかしその結果、血圧が上がってしまうので脳に送られる血液量は減少するのだそう。そうすると、脳内の酸素が少なくなり、眠くなってしまいます。「春のポカポカ陽気が眠気を誘う」といわれていますが、これは本当だったのですね!

(3)消費エネルギーが活発になる
暖かくなると、身体の各器官の働きが活発になってくるのだそう。そうすると、身体はエネルギーを多く消費するようになります。そして、そんなエネルギーの素となる栄養素がビタミンB群です。ビタミンB群が足りないと、エネルギーの消費量と摂取量のバランスが保てなくなり、眠気の原因となってしまうのです。

(4)睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量の影響
脳内で分泌される睡眠ホルモンである「メラトニン」は、体内時計に働きかけて自然な眠りを誘うという働きをしています。暗さが影響をしているメラトニンは、夜間に多く分泌されます。ですので、日中時間の短い冬と長くなる春とでは、メラトニンの分泌量が変わってきます。それゆえ、冬パターンのまま春を迎えると、体内にメラトニンが多く残っており、日中も眠いままなんてことが起きてしまうのです。

春の眠気はこうやって退治する

◎朝の日光をしっかり浴びて
日光が目に入ることで、覚醒を促す「セロトニン」というホルモンが分泌されます。そうすることで、身体に朝が来たことを呼びかけてくれるのです。ですので、朝起きたらまずはカーテンを開け、身体を起こしてあげましょう。

◎ビタミンB群を体内に摂り入れる
エネルギーの素となるビタミンB群を積極的に摂り入れましょう。ビタミンB群を多く含んでいる食材は、豚肉、卵、バナナ、納豆など。ぜひ毎日の食事に摂り入れてみてください。

◎チョコレートを食べる
チョコレートに含まれる「テオブロミン」には覚醒作用があるといわれています。仕事中やどうしても寝られない状況で眠気に襲われたら、チョコレートを食べてみるのも良いかもしれません。

◎体を動かす
デスクワークの人に多いのが、ずっと同じ姿勢でいること。同じ姿勢が続くと、眠気に襲われる機会も多くなります。ですので、そんな時は首や腕を回してみたり、少し歩いてみたりして気分転換をしてください。一度気持ちがリセットされますよ。

関連記事