太古の藻や化石に生息!?あなたの「ソマチッド」を活性せよ!

化石に生息!?あなたの「ソマチッド」を活性せよ!

最近、話題になっている、謎めいた生命体「ソマチッド(ソマチット)」。実はその「ソマチッド」が、私たちの健康と深いかかわりがあるのだとか。その謎に迫ります。

ソマチットの秘密と健康

「ソマチッド」という生命体、ここ最近、話題になってきていますね。これがかなり不思議な超小型の生命体で、研究していたのは、ガストン・ネサン(=ガストン・ネサーンともいう)博士とギュンター・エンダーレイン博士なのだそう。この2人のソマチットの特徴は異なっていて、日本では「ソマチッド」の名付け親でもある、ネサン博士が有名なようです。

2500万年前の化石にも存在しているという、神秘的な生き物「ソマチッド」。なんといっても不思議なのは、私たちの体の中に「ソマチッド」が存在するということ。ネサン博士の研究では、すべての生命体の細胞内に存在しているというのです。「死なない生物」だというのも驚きです。

では、その超小型生命体の「ソマチッド」と、私たちの体と健康との関係はどのようなものなのでしょうか。

まず、「ソマチッド」には16段階のライフサイクルがあるのだそうです。このサイクルによって病気の兆候がわかり、ソマチッドのうちはよいのですが、4段階目のバクテリア形態になると体に悪影響を及ぼすのだとか。

そもそも「ソマチッド」が、私たちの心や体内環境の影響を受けていて、免疫力が下がったり、ストレスや酸化によって「ソマチッド」は変化するのだそうです。体内環境が悪化すれば、ライフサイクルを4、5、6…と、進んでいくことになるようです。

進んでしまった「ソマチッド」のサイクルを戻したり、改善方向に進ませる方法はないのでしょうか?

サプリメントなどで「ソマチッド」を摂取しても逆効果だという説や、古代の化石に含まれる「ソマチッド」がとてもいいなど、意見はさまざまのようです。また、水素水やマイナスイオンなどが効果的などの説もあるようです。本当に良いのであれば、美容にも期待が持てますよね!

現在に至るまでに複雑な歴史をたどってきた「ソマチッド」。まだまだ未知の部分が多いため、もっと「ソマチッド」を理解する必要があるかもしれません。

「ソマチッド」が話題になってきた今、ひょっとしたら「ソマチッド」の夜明けに私たちは立ち会っているのかもしれませんよ!
関連キーワード

関連記事