不老長寿の妙薬といわれるお茶って?

花の香りで春を満喫!? 不老長寿の妙薬といわれるお茶って?

2月19日は二十四節気の雨水。いよいよ春の訪れですね。うつうつとした気分を吹き飛ばし、ビューティー・ティーで春を満喫しよう!
花の香りで春を満喫!? 不老長寿の妙薬といわれるお茶って?

2月19日は雨水、ちょい足しお茶レシピで不老長寿!?

雪や氷が溶け始めて雪が雨に変わり、陽気が少しずつよくなる季節、雨水。猫が恋をして、春一番が吹き、蛙が冬眠から目覚め、鴬が鳴き初めたなら、春の訪れです。

3月3日にはひな祭り(桃の節句)があり、ひな人形は雨水に飾り始めると良縁に恵まれる、良い伴侶にめぐり合えるといわれています。2016年は2月19日が雨水。子どもの幸せな未来を想像しながら飾り付ける方も多いでしょう。しまう時期は啓蟄がいいといわれており、2016年の啓蟄は3月5日です。

今回、ご紹介するBeauty Teaは、見た目も華やかな「エスニックスパイスティー」。風光る季節に、ビューティー・ティーで不老長寿を目指しつつ、地球の子どもたちの輝く笑顔を見守るのもいいかもしれません。

ちょい足しレシピ「エスニックスパイスティー」

「エスニックスパイスティー」のレシピ

材料 2人分

八角 …2個
黒こしょう …6粒
花椒 …12粒
ドライマンゴー …1切れ(細切りにする)
氷砂糖 …6個
ジャスミン茶 …小さじ2

熱湯 …300ml

作り方

1.
ふたつきのカップに材料を半分ずつ入れて、熱湯を注いでふたをして3分蒸らす。

2.
ふたを開け葉がひらいていたら、ふたで葉が口に入らないようにして飲む。

※湯をつぎたして2~3煎飲むことができます。
エスニックスパイスティーで温め効果

エスニックスパイスティーで“ぬくぬく”する秘密

エスニックスパイスティーにちょい足しした食材は、八角。もしかしたら日常的になじみがあるという人は多くないかもしれませんが、その美容効果は大人女子には必要不可欠といえそう。

八角は「スターアニス」や「大茴香(だいういきょう)」とも呼ばれる中国原産の香辛料。その、星のような形状に見覚えがある人も多いかもしれません。

北京ダックや杏仁豆腐などの中華料理に使われ、食欲をそそる独特の甘い香り。しかし、八角の特徴はそれだけではありません。リモネンという成分が、血の巡りを良くして冷え性を改善したり、利尿作用があるといわれ、むくみ予防にも効果的だったり。これがエスニックスパイスティーの“ぬくぬく”する秘密です。さらにアネトールという成分のエストロゲン様作用により、月経不順、生理前症候群(PMS)、更年期障害などの女性特有の悩みにも期待が持てます。

ほかにも胃腸の働きを整えたり、抗菌作用が期待できたりと、星のような形のちょっとかわいいスパイスには、美容や健康に嬉しい秘密がギュッと詰まっています!

ベースになっているのは、「ジャスミン茶」

不老長寿の妙薬としても知られるジャスミン茶。品のある爽やかな香りは、モクセイ科ソケイ属のアラビア・ジャスミンと呼ばれるマツリカ(茉莉花)の香りを、緑茶や白茶、烏龍茶に吸着させたもの。一般的には緑茶が使用されていて、その味を損なうことなく、ジャスミンの豊かな香りが楽しめます。

ジャスミン茶が不老長寿の妙薬といわれるゆえんですが、脂肪の燃焼や、ホルモンバランスを整えるなどの作用が期待できるため。ほかにも、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルが多く含まれ、美肌に効果的。リラックス作用も有名で、目覚めも良くなるという効果もあるのだとか。また、香り成分ベンデルアセテートが集中力をサポート。気分を明るくする作用も知られていて、美容や健康にも効果的だからこそ、大人女子におすすめのお茶なのです。

不老長寿を夢見つつ、ジャスミン茶ベースの「エスニックスパイスティー」の香りに包まれながら、気分アップを図るのもおすすめです。
■料理・スタイリング/黒木優子
料理家。フードスタイリスト。
著書に『かんたん、おしゃれな作りおきジャーサラダ』『おうちで和菓子屋さん』など。

■取材協力/篠原絵里佳

■撮影/宮澤聡

関連記事