呼吸は心を写すバロメーター!? イライラした時の処方箋

呼吸は心を写すバロメーター!? イライラした時の処方箋

普段、どんな呼吸をしているか、知っていますか? 意識せずにしている呼吸が、実は自分自身の状態をはかる大切なバロメーターになっているのです。

毎日は呼吸が乱れる瞬間がいっぱい!心穏やかに過ごすには

私達の毎日はとってもストレスフル!
本当は穏やかに微笑みながら生活したいけれど、満員電車やタイミングの悪い上司や後輩…。

私達の周りには私達が穏やかにはいられない、たくさんのストレスが転がっています。でも、いくら周りや環境が悪いから、と思っていたって、それはいつまで経っても変ってはくれません。

まずは、自分自身の在り方を見つめなおすことに意識を向けてみませんか?

呼吸で周りで起きていることに振り回されない自分を作る

呼吸は心を写すバロメーター!?イライラした時の処方箋
穏やかな自分でいられている時はどんな呼吸をしているでしょうか? それは深く、ゆっくりとした呼吸。身体も心もリラックスしている状態です。

反対に、イライラしている時は、浅く、早くなっていたり、時には止まってしまっていることもあるかもしれません。
良く考えてみてください。深呼吸しながら怒ることってできるでしょうか?

緊張している時には深呼吸をするように、深い呼吸には私達の心を落ち着かせる効果があります。
「自分らしく」いられるように、大切にしたいのは深い呼吸、そして呼吸のペースを保っておくことです。

イライラしたら深い呼吸を心がけて

イライラしている時は、自分の身の回りで起きていることに自分自身が振り回されている状態。自分の身の回りで起きていることに瞬間的に腹をたてて、感情的に強い言葉をかけてしまうのは大人の女性の振る舞いとは言えないかもしれません。

もちろん、コミュニケーションとして伝えなくてはいけないこともあります。
だからこそ、イライラした時こそ、気持ちが落ち着くまで深い呼吸に徹すること。

自然と心も落ち着き、冷静な心で大切なことを伝えられるようになります。
そして、呼吸をコントロールしたり、身の回りのことに振り回されないようにするためにはヨガの練習もおすすめです!

関連記事