のんびりゆったりが鍵!肌が敏感になりやすい春を乗り越えるコツ

のんびりゆったりが鍵!肌が敏感になりやすい春を乗り越えるコツ

変化が多い春は、私達の身体の中も敏感になりやすいのです。

変化の春は実は要注意!肌荒れを起こしやすい敏感な季節

花粉症や肌荒れなどの症状が増えるせいか、暖かくなって嬉しい季節のはずなのに、意外に浮かない気持ちになる事もあるこの季節。
実は、この時期は季節の変化と同じように私達の体内にも大きな変化が起きています。
寒さから守ろうと縮こまっていた身体は、夏に向けて熱を放出する身体へと変わっていき、大きく脱力が始まると言われています。
この脱力がうまく働くと、冬の間でかたくこわばってしまった筋肉や関節もほぐれていき、私達が本来持っている身体の機能が発揮されるのですが、そうでない場合もあります。

骨盤や頭、肩甲骨等のゆるみがうまく機能しないと、血のめぐりも悪くなり、内臓機能も充分に働かなくなるおそれがあります。内臓機能が低下してしまうと、肌に必要な栄養素がうまくいき渡らず、肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。
のんびりゆったりが鍵!

自然のリズムに合わせ、心も肌も敏感なこの時期はのんびりゆったり、を鍵にしてみて

この身体のゆるみの影響で、私達の身体はだるさを感じることが増えたり、いつもより眠気が増したりと、お休みモードに入っていきます。
「春眠暁を覚えず」なんて言葉もあるように、心地よく眠れてしまうのはこのせい。
でも、これが自然のリズム。
私達の身体は季節の変化と同じように大きく動き、そしてゆっくりすることを望んでいます。

だからこそ、ここで「新しい季節が始まるから!」と何かを一生懸命するのは、実は身体のリズムを無視した行動なのかも。
動きたくなる季節ではありますが、身体の声を聴いて、しっかりと体を休めてあげることで、春に起こりがちな肌トラブルも今年は回避できるかもしれませんね!
関連キーワード

関連記事