寝るときに「首を温めるだけ」の肩こり予防!

寝るときに「首を温めるだけ」の肩こり予防!

朝起きた時、あなたの首元を触ってみてください。冷えていませんか? リンパは詰まってしまっていませんか?顔のくすみや肩こりはありませんか?

就寝時に注意!首が冷えるとおブスになる!?

朝起きると、なんだか疲れが取れていないとか、肌の調子が悪い、顔色が悪い、寝たら肩こりがひどくなってしまった…。なんて経験ありませんか?

実は、それ、首元の冷えが原因かもしれません。ご存知のように、首には大きな血管が流れています。リンパが詰まるというのも聞いたことがありますよね? ここを冷やしてしまうと、血液が滞り、体全体が冷えてしまったり、顔や頭にあまり血液がめぐりにくくなって頭痛や、クマ、くすみの原因になってしまうことも……。

首を温めれば、肩こりにもなりにくい!

本来、ぐっすり寝ておきればリフレッシュされているべき顔やカラダが、年齡を重ねるにつれて知らぬ間におブスになってしまっている!! なんて、ショック。困りますよね? 寝ているときに、首を温めておくだけでも、冷えが改善され、朝起きたときに顔色がよくなることが多いんだとか。個人差があるので、どのくらいの違いがあるかは定かではありませんが、試してみる価値がありそうです。

首が寒いと、無意識のうちに肩をすくめて力が入ったまま寝てしまうこともあり、熟睡できなかったり、どこか首や肩に痛さを感じてしまうことも。タオルを巻いて寝るだけでも、全然効果が違うんですって。整骨院や病院でも、肩こりがひどい人には温めて寝るように勧めることが多いのだそう。

首をケアして、寝るだけで肩こり&老け顔防止に

少し肌寒いときには、ストールやマフラーを巻くだけで、保温性が高まる経験がある人は多いはず。これは寝ているときでも同じ効果です。布団を肩までかぶったまま寝られない人、寝相の悪い人、パジャマがおしゃれさんで、首周りのあきが深い人などにはオススメの方法です。

寝るとき用のスヌードや、首元用の温活用品もかなりたくさん商品が出ているので、今日から試してみるのもいいかもしれませんね。
関連キーワード

関連記事