きちんとアイケアするだけで、美人度2割り増し!?

きちんとアイケアするだけで、美人度2割り増し!?

冬場から春にかけて、そして花粉の飛ぶ季節に気をつけたいこと、それはズバリ、アイケアです。

美人になりたければ、アイケアを丁寧に!

この時期、エアコンの風や冬の冷たい風、花粉など外からの影響で、ダメージを受けやすいのが、なんといっても目元。他の顔の皮膚よりも薄くて、動く回数の多い目の周りは、この時期とくに、顔を化粧水や美容液、オイルなどでお手入れした後、目元を特別丁寧に保湿してあげるように心がけましょう。

もちろん、目の周りの皮膚は弱いので、優しく。いつもよりも少し奮発して、クリームや乳液には、保湿効果や肌の修復効果のより高いものを選んであげてもいいかもしれません。

もしや?自分も?こんな人は今日からアイケア必須です!

【目が大きく堀が深い人】
普通の目の大きさの人よりもまぶたに負担がかかっている可能性が高いです。注意してケアしましょう。

【花粉症の人】
花粉症で目がかゆくなり、目をついついこすってしまうということありますよね、でもなかなかやめられない! 目のくすみ防止のためにも、朝晩、丁寧に目の周りのケアをしてあげること。

【ドライアイの人】
目の周りの筋肉が疲れてしまいがち。目の下のたるみを防ぐため、下から上に向かって目の周りを丸く、軽くマッサージしながらクリームを丁寧に塗ってあげましょう。

アイケア美人を目指して

日本人は、目がぱっちり大きくて、二重であることに憧れる人が多いですが、そんなぱっちり目の人ほど、実は目元のケアをしないと老化がはやく、歳をとるほどに、一重まぶたで切れ長な目の女性の方が若くみえることが多いんです。

周りにいる、おばあちゃんたちを見てみても、若いときの写真と比べていくと、その差は一目瞭然! せっかくのぱっちり目、いつまでも健康に、キレイに保っておきたいですよね。目の周りの薄い皮膚、大事に大事にケアして、おばあちゃんになってもアイケア美人を目指していきたいものです。

もちろん、一重まぶたや奥二重の人も、きちんとケアすればするほど、より涼やかな美しい目元が保てるので、怠らずに続けていきたいですね。
関連キーワード

関連記事