美女クレオパトラも食べていた! 金ごまがいい意外な理由

美女クレオパトラも食べていた! 金ごまがいい意外な理由

いつも身近に使っている「ごま」ですが、今話題のスーパーフード以上に栄養が詰まっている食品です。

ごまにはミネラル、鉄、カルシウムなどが豊富

ごまの小さな粒に、女性にはうれしい栄養がたくさん含まれています。

● カルシウムが豊富
10gのごまでカルシウム120mgが含まれていて、コップ半分の牛乳分に相当してます。

●ごまパワーには鉄分も
ごまに含まれる栄養素の1つが鉄分。10gで1mgの鉄分があります。とはいえ、ごまだけで1日の鉄分をフォローするのは無理なので、鉄分の多い青菜などと一緒に食べるとパワーアップ。日本では昔から食べられているほうれん草のごま和えなどは、そんな意味があったのですね。

●ミネラルが豊富
ごまのあの小さな粒の中には、マグネシウム、亜鉛、セレン、銅などのミネラルもいっぱい含まれています。これらは普通、魚や貝などのタンパク質に多く含まれているものですが、植物性のごまにそんなミネラルが多く含まれているというのは、ビックリです。

クレオパトラも食べていたごまのヒミツは…?

ごまの栄養素の中で注目されているのは、ゴマリグナンという抗酸化物質です。このゴマリグナンの中の一つであるセサミンは、アンチエイジング効果が期待でき、女性にとってもうれしい働きをしてくれます。

セサミンには、大豆ホルモンと同じように女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれるので、更年期の症状や生理不順、ホルモンバランスの乱れによる様々な女性の不調の緩和や美肌効果が期待できます。

エジプトでは、貴重な宝物だったごまを世界三大美人の一人、クレオパトラも食べていたと伝えられています。

同じ種であるチアシードもいいけど、ごまのちょい足しの相性のGOOD!

今、話題のチアシードですが、同じ種なら、ごまの方が手軽にバラエティに富んだ様々な食べ方ができます。チアシードは、オメガ3系のオイルが入っていますが、ごまの油にもリノール酸とオレイン酸が含まれています。ごまには、白ごま黒ごま金ごまがあり、栄養的にはほとんど変わりませんが、金ごまは油分が多く、香りが高いのです。

ごまの油は、悪玉コレステロールを減らしたり、お通じを整える作用もありますので、普通のごまより、金ごまをおすすめします。金ごまだったら、どんな料理にも合うので、昔から食べられているごまを見直してみませんか?

関連記事