要注意!30歳を過ぎてからの○○は若作りだと思われる?!

要注意!30歳を過ぎてからの○○は若作りだと思われる?!

あなたも気づかないうちに若作りをしているかもしれません!男性から「イタイ」と思われる前に若作りから若々しいにチェンジしましょう。
Sao

「若作り」と「若々しい」の違いって?30歳を過ぎたら年相応が美しい

若作りと若々しいの違い、それは自分の年齢を受け入れ、年齢に合った美しさを知っていることだと思います。しかし、女性はいつまでも若くいたいと思っているもの。その考え自体は素晴らしいことなのですが、間違った方向に進んでしまうと30歳を過ぎてからの若作りに繋がっていくかもしれません。

若作りだと思われる3つのポイント

(1)厚化粧
20代前半の頃は、リキッドファンデーションを塗り、アイメイクもバッチリ、チークもリップも発色の良いものをチョイスするのがトレンドだったかもしれません。しかし、そのままのメイクを30歳を過ぎてからも続けているのはNG。肌の衰えを感じているからこそ厚化粧で隠した方が良いのではないかと思っている方もいるかもしれませんが、シワやシミなどの年齢と共に感じる肌トラブルは厚塗りをすればするほど目立ってしまうことがあるのです。また、アイメイクもナチュラルなのが大人の女性にはおすすめ。目元のシワやくすみが気になっている方は、濃いアイシャドウよりも淡い色のアイシャドウの方が若々しく綺麗に見せてくれるといわれています。

(2)明るすぎるヘアカラー
髪の色は女性の印象を決める大切なポイントのひとつです。その中で、30歳を過ぎてからの明るすぎるヘアカラーはおすすめできません。というのも、髪も肌と同様に年齢を重ねてくると衰えます。年齢と共にパサパサと乾燥したり、ダメージが気になってきた髪を明るく染めてしまうと、より髪の傷みを目立たせてしまうのです。ですので、黒髪とまではいかなくても、ダークカラーで染めるようにするのが良いでしょう。髪の傷みを目立たなくしてくれるのはもちろん、大人の品の良さを引き出してくれます。

(3)派手なネイル
若い女性に好まれるラインストーンを所狭しと敷き詰めたり、原色を使ったワンカラーネイルなどの派手なネイルは、大人の女性の魅力を半減させてしまう可能性が…。年齢を重ねた手は、若い頃と比べてシワがあったり、ハリが衰えたりすることでしょう。そんな手に派手なネイルをすると、手とネイルのギャップが激しく、痛々しいと思われかねませんし、清潔感を損なってしまうこともあります。ですので、手元はシンプルにフレンチネイルや淡い色でのワンカラーネイルなどにしておくのが大人の女性にはおすすめ。

関連記事