顔の皮脂分泌2トップはどこ? 適切な対策がテカり顔を防ぐ

顔の皮脂分泌2トップはどこ? 適切な対策がテカり顔を防ぐ

顔の中で皮脂分泌が盛んな2トップはどこでしょうか? 部分別のテカり対処法で今日からあなたもマット肌に!
Sao

過剰な皮脂分泌が顔のテカりの原因に

皮脂を作る皮脂腺は、全身の毛穴に存在するといわれていますが、特にテカりが気になる場所がありますよね! 実は、この皮脂腺の働きには、体の場所によって活発な所とそうでない所があるのだそう。では、私たちの体の中で最もテカりが気になるポイント2つはいったいどこでしょうか?

皮脂分泌が盛んな2トップとは

(1)Tゾーン
顔のテカりの定番「Tゾーン」。額から鼻にかけたラインのことをTゾーンといいますが、思春期にはこの辺りにニキビが多発し、大変な思いをした方も多いのではないでしょうか。Tゾーンは、顔の中で最も皮脂分泌が盛んな場所だといわれています。しかも、Tゾーンは間違ったスキンケア方法によって、皮脂を過剰に分泌させている恐れもあるのだそう。実は、Tゾーンは皮膚が薄く、デリケートな箇所でもあるのです。そんなデリケートな箇所にも関わらず、テカりが気にあるからといってゴシゴシと洗っている方が多いのです。そうすると、外部からの刺激によって皮脂の分泌がより盛んになってしまうことがあるのだそう。

(2)Uゾーン
意外と知られていないのがテカりの盲点「Uゾーン」なのです。Uゾーンとは、あごを中心としたフェイスラインのこと。その中でも、特にあごはテカりポイント。ただし、本来Uゾーンは皮脂分泌が少ないといわれている箇所なのです。ではいったいどうしてUゾーンがテカってしまうのかというと、それは大人ニキビと関係があります。Uゾーンは、大人ニキビができやすい箇所。大人ニキビの原因は、角質層の水分不足とホルモンバランスの乱れが原因だといわれているのですが、これによって大人ニキビだけでなく、Uゾーンのテカりも引き起こしているのだそう。

顔のテカりの対策法! 余分な皮脂分泌をしっかりケア

●保湿
肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下してしまい、肌の乾燥を少しでも防ごうと皮脂を過剰に分泌しようとします。ですので、肌の保湿は皮脂対策にはマストなのです。また、冬以外でも肌の乾燥は起こります。エアコンや摩擦など、肌は365日乾燥の危機に晒されているといっても過言ではありません。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿力に優れたスキンケアアイテムを1年中使うようにし、しっかり保湿していきましょう。

●ストレス
女性は、ストレスを感じると男性ホルモンが分泌されるといわれています。男性ホルモンは、皮脂腺を刺激し、皮脂を過剰に分泌する性質があるので、ストレスは皮脂分泌と密接な関係にあるのです。ですので、ストレスを溜めないことはとても大切。自分なりのストレス解消法を見つけるように心がけていきましょう。

●食生活
動物性たんぱく質の摂りすぎが皮脂腺を刺激してしまうのは有名な話ですが、実は糖質(炭水化物)の摂り過ぎも例外ではありません。糖質は摂りすぎることで中性脂肪として蓄えられるだけでなく、皮脂として分泌されてしまうといわれています。そこで、動物性たんぱく質や糖質はほどほどにし、皮脂の分泌をコントロールしてくれるというビタミンB群を積極的に摂り入れるようにしましょう。

関連記事