睡眠時間は?昼食は何時がいい?美容に良いタイムスケジュール

睡眠時間は?昼食は何時がいい?美容に良いタイムスケジュール

睡眠時間や食事の時間など、1日の中で美しさを保つ為にはふさわしい時間があるのです。ぜひ、参考にしてみてください。

体内時計を意識して、美容に良いタイムスケジュールを知っておこう

まず、誰もが持っている「体内時計」についてご説明。人間には体内時計というものが備わっていて、意識しなくても日中は心も体も活動状態に、夜は休息状態に切り替わります。そして、この体内時計は毎日朝の日光を浴びることでリセットされ、一定のリズムを刻むのだそう。ですので、「朝起きて夜寝る」というのは当たり前のようですがとても大切なことなのです。夜更かしや暴飲暴食、ストレスなどで体内時計が狂ってしまうと、不眠症になってしまったり、ホルモンバランスが乱れて肌トラブルや生理不順を引き起こしたりなど、私たちの体に悪影響を与えかねません。心と体の健康を保つ為にも、体内時計を意識して生活を送るように心がけましょう。

また睡眠や食事などには、摂る時間によって女性の美しさを手助けしてくれることがあるのです。次は、そんな美容にふさわしいタイムスケジュールをご紹介したいと思います。

美容に効果的な1日のタイムスケジュール

【睡眠時間】
入眠から3~4時間後に、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されるといわれています。また、成人の理想的な睡眠時間は「6~9時間」といわれていますので、これを意識してベッドに入るようにしましょう。
また、睡眠と体温は関わりが深く、体の中心温度が下がると眠りにつきやすくなるといわれていますので、入浴は寝る2時間前に済ましておくのがベスト。入浴によって上がった体温を下げようと体が働き、2時間後くらいに眠りやすい状態に整えてくれるのだとか。

【食事】
朝食でご飯やパンなどを食べると、糖分(でんぷん)が消化吸収されることでブドウ糖となり、血糖値を上げてくれます。この時、血液中のブドウ糖が脳にエネルギー源として届くので、朝食を食べることで体や頭を活性化させてくれます。しかし、朝食で摂取した糖分は2~3時間で消化吸収されてしまうので、徐々に血糖値が低下してきます。ですので、もし昼食を12~13時くらいに食べる場合、朝の9~10時くらいまでに朝食を食べると、効果的にエネルギー源を補給できるのです。
また、人間の体は夜中に向かって脂肪をためこもうとします。ですので、夕食は21時までに脂質や糖質ひかえめのメニューをとるのが理想的だといえます。

【間食】
夕食までに時間があるのでお腹が空いてしまう場合は、14~16時の最も脂肪になりにくい時間帯を狙って間食を摂りましょう。

これらを参考にして1日のタイムスケジュールを作ってみると、こんな感じになります。

【起床:7時】
【朝食:9時】
栄養のバランスが整った食事を心がけましょう。炭水化物を食べてエネルギー摂取を。
【昼食:12時】
タンパク質を積極的に摂り入れて、午後に備えましょう。
【間食:15時】
ドライフルーツや飲むヨーグルトなど、低カロリーの食品がおすすめ。
【夕食:20時】
野菜中心の夕食を心がけましょう。夕食は炭水化物は控えめなのが理想的。
【入浴:21時】
熱すぎるお湯は体温が上がり過ぎるのでNG。心地よい温度でゆっくり入浴しましょう。
【就寝:23時】

この中に運動や趣味の時間を作ったりして、充実した1日を過ごしましょう。
ぜひ皆さんも、心も体も健康になるこちらのタイムスケジュールを実践してみてください! 

関連記事