走るより「歩く」方がダイエットに効果的?! その理由に迫ります

走るより「歩く」方がダイエットに効果的?! その理由に迫ります

走るよりも「歩く」方がダイエット成功により効果的だといわれているはなぜでしょうか? みなさんもこれを読めば、歩きたくなること間違いなしです!
Sao

ダイエットの為にも健康の為にも、毎日歩くことが大切

年齢を重ねると、体はどんどん衰えてきます。またそれは代謝も例外ではなく、若い頃に比べると代謝も下がってくるのです。代謝が下がってくると、1日の消費エネルギーが減り、脂肪が体に溜まりやすくなります。ですので、頑張ってダイエットしても痩せにくい体になってしまう可能性があるのです。また、代謝は肌にも影響を与えます。代謝が下がると、血液の循環も悪くなり、むくみやくすみなどを引き起こします。

そこで、代謝を上げる為におすすめしたいのが「歩く」ことなのです。ダイエットの為には走った方が良いのでは? と思っている方が多いかと思いますが、実は歩く方がダイエット成功への可能性が高いといわれているのです。

走るより「歩く」方がダイエットに効果的な理由

まず、代謝を上げるためには筋力をつけることが大切。足だけでなく、腕や背中など全身の筋力を上げていくことがカギになります。
では、どうして走るよりも「歩く」方がダイエットに良いのでしょうか。
もちろん、歩くより走る方が激しく動くので脂肪燃焼や早く筋力をつけることに効果的でしょう。しかし、激しい運動をしてダイエットをした場合、それを継続しないとリバウンドしてしまう可能性が高くなるのだそう。ですので、今まで毎日走っていたのに体重が減ったからといって走るのをやめてしまうと、元の体重に戻ってしまうことがあります。また、体力を消耗する走ることを長期間続けるのは強い気持ちも必要です。

しかし、「歩く」ことは皆さん毎日していること。家から駅、駅から会社、休日の買い物など、毎日何かの理由で歩いていると思います。歩くだけのダイエットは、走ったり筋トレをすることよりもダイエット効果を感じるまで時間はかかるかもしれません。ですが、歩くことは体への負荷も少なく、日常生活に簡単にとり入れることができるので、走ることよりも続けるのが苦にならないでしょう。そして、徐々にダイエット効果を実感するということは、同時にリバウンドしにくい体になっていることも期待できます。

では、どのくらい歩いたら良いのか。
2~3キロを30分かからない位の時間で歩けると良いでしょう。毎日続ける為に、万歩計を使ってみるのもいいかもしれません。「目標1日○○○○歩!」と決めておけば、目標達成の為に歩くのも楽しくなります。

毎日の生活にとりいれ易い「歩く」だけダイエット。
ぜひ今日から実践しみてください。

関連記事