もっとお風呂の時間を快適に! 温活はじめましょう

もっとお風呂の時間を快適に! 温活はじめましょう

カラダを冷やさない方がいいのはわかっていても、なかなかカラダを常にポカポカにしているのは難しいですよね。

お風呂で温活って知ってる?

最近よく聞くのが「温活」です。
温活とは、カラダを冷やさないように気をつけながら、生活をすることです。
温活にも様々な方法がありますが、今回はお風呂でできる温活に注目していきたいと思います!
みなさんは日頃どのような方法でお風呂に入っていますか?

お風呂で簡単! ホカホカ温活

毎日お風呂に入る時、みなさんは何か注意していますか?
実はお風呂の入り方次第で、カラダのあたたまり方が違ってくるのです。
では、オススメのお風呂の入り方とはどういったものなのでしょうか?

お風呂に入る時は、なるべく体温に近い温度が理想とされています。
カラダをあたためたいからといって、43℃などと熱いお湯を入れていませんか?
熱すぎるお湯はかえってカラダによくありません。
なぜなら、交感神経が刺激されすぎて、カラダが緊張してしまうからです。
また、血流が抑制される状態にもなるそうで、全くリラックスできる環境ではないのです。
熱いお湯に入りすぎて、めまいを起こした経験がある方はいませんか?

その代わり、40℃前後の体温に近い温度のお湯に入ると、眠気を誘うくらいのリラックス環境になります。
筋肉の緊張をほぐし、血液循環もよくなり、むくみや冷えの解消につながります。
また、この温度だと長時間つかることができるので、カラダの芯からあたためることができ、お風呂から出てもポカポカは続きます。
とても理想的な温活ですよね!

もし、朝の目覚めをスッキリさせたかったり、疲れをとりたい、美肌になりたい、肩こりをやわらげたい場合は、微温浴がいいでしょう。
微温浴とは、37〜39℃のお湯につかることをいいます。
カラダを健康にするだけでなく、キレイにもしてくれる微温浴は、女性にとってはありがたい時間ですよね!
また、一緒にアロマや入浴剤、キャンドルなどでさらに自分の好みにあったリラックスの時間を作ってみてください。

いかがでしょうか?
とっても簡単にお風呂でできる温活方法ですが、ご参考になりましたでしょうか。
これからはもっともっとお風呂の時間も有効活用し、美人に近づく努力をしましょう!
関連キーワード

関連記事