紫外線が美肌を蝕む!3月からマストのUVケアとは

紫外線が美肌を蝕む!3月からマストのUVケアとは

お肌に降り注ぐ紫外線の量は、3月からグッと増え始めます。「UVケアは春から!」なんて言っていると、早くもお肌はボロボロになってしまうかも…?

UVケア必須!紫外線は3月から急増する

3月は紫外線のターニングポイント
暖かくなり、夏に向けてお肌のUVケアを強化していく季節っていつだと思いますか?4~5月ごろというのが平均的なイメージではないでしょうか。実は、それでは遅いんです!

実は既に3月現在、紫外線は強くなり始めているんです。しかも、冬の間に乾燥でダメージを受けたコンディションの悪さ、そしてUVケアの甘さも相まって、この時期のお肌はかなりダメージを受けやすくなっています。

まだコートを手放せない今の時期ですが、そろそろUVケアを始めてお肌へのダメージを予防しておきましょう!

3月のUVケア、紫外線に負けないコツとは?

UVケアを行う上で気を付けておきたいのが、その時期に合ったケアを行うということです。紫外線の強い夏は、紫外線予防とアフターケアの両方に力を入れる必要がありますね。

それに対して、3月のUVケアは予防に重点を置くのが大切です。お肌のターンオーバー周期(約28日)を考えると、紫外線が少ない2月に生まれたお肌が3月に紫外線を受けることになります。
そんな抵抗力のない無防備なお肌は、アフターケアよりまず紫外線を極力当てないように気を付けてあげましょう。

3月のUV対策
●日焼け止めの塗り方:500円玉大の量の日焼け止めを顔にムラなく広げる
●朝だけではなく、こまめに塗り直しを:メイクをしている人は、スプレータイプやパウダータイプの日焼け止めをメイク直し時にプラスする
●春の日焼け止めSPF:通勤・通学程度であれば30程度、長時間屋外にいる場合は50を使用するのが望ましい

「こんな簡単なこと?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、500円玉大の日焼け止めを毎日塗れている人って意外と少ないんです。
3月は日焼け止めの量や1日を通したUVケアを見直して、お肌のダメージを最小限にとどめるように頑張りましょう!

関連記事