スキンケアの秘訣は洗顔! 固形石鹸ですっぴん美人を目指そう

スキンケアの秘訣は洗顔! 固形石鹸ですっぴん美人を目指そう

濃いメイクをオイルで落として終わりにしてしまったり、休日は外に出ないからと洗顔をおろそかにしてしまったりすることはありませんか?

スキンケアの第一歩は洗顔から!その目的とは?

顔の肌は常に外気にさらされているので、タバコの煙や排気ガス、空気中のほこりなどが知らず知らずのうちに付着してしまっています。こういったものに顔から分泌される皮脂や汗、古い角質などが混ざり合って肌の汚れとなるため、放置していると雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化して肌荒れの原因となってしまいます。

こういった原因を取り除くためにも、洗顔は必要不可欠! かといって、強くこすったりするとシワやシミができやすくなってしまうため、洗顔は低刺激でシンプルなものを選ぶのがいいでしょう。

固形石鹸がスキンケアにおすすめな理由

固形石鹸での洗顔は、肌がつっぱる、乾燥するというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかしそれは、余分な成分が入っていないから。先程紹介した通り、洗顔の目的は「汚れを落とすこと」なので、洗顔の時点で余分な成分を肌に入れてしまうと、入浴後の化粧水などがうまくお肌に浸透してくれなくなってしまいます。

また、自然な材料から作られたシンプルな固形石鹸は、低刺激なため敏感肌や乾燥肌にお悩みの方にもおすすめです。さらに液体石鹸には、石鹸分が全体の3割程度しか含まれていないものも多いため、固形石鹸の方がコストパフォーマンスも良いとされています。

スキンケアに最適な固形石鹸の選び方

固形石鹸と言っても、何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。普通肌・オイリー肌・敏感肌の人には牛脂やパーム油が主体の石鹸が、乾燥肌の人にはオレイン酸が多く含まれている石鹸がおすすめです。

しかし、固形石鹸を選ぶにあたり、注目していただきたい共通事項があります。それはズバリ「脂肪酸ナトリウムでできた固形石鹸」を選ぶこと。

脂肪酸ナトリウム石鹸は、低刺激ですが洗浄力は高いのが特徴で、洗い上がりもさっぱりとしています。一般的には、洗顔後につっぱらないタイプの洗顔料が人気のようですが、肌表面の皮脂を放置すると活性酸素を生み出して肌の老化を早めてしまう可能性もあります。シンプルな固形石鹸で皮脂汚れをしっかりと落とすことが、毛穴の開きやシミ・シワなどのケアにもつながっていくのです。

洗顔後につっぱるということは、一時的にアルカリ性に肌が傾いている証拠。そこから肌は本来の弱酸性に戻す機能を鍛えられます。また、固形石鹸での洗顔後は石鹸成分が肌の上に残り、薄い皮膜となり、本来肌が持っている皮脂の分泌を促し、健康な肌サイクルへと導いてくれます。

関連記事