眠れないときは「肝」をケア? 不眠のときに試したい漢方薬

眠れないときは「肝」をケア? 不眠のときに試したい漢方薬

眠れないけど、睡眠薬と聞くとドキッとしちゃう…。「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」より、落ち着いた眠りのための漢方薬を医師が教えてくれました。
心の不調に「漢方薬」・眠れないときは「肝」に注目

イライラや不安で眠れないときも、原因不明の体調不良のときも、お守り代わりに漢方薬を!

明日も仕事があるのになかなか寝つけない、寝ようと思ってもいろいろなことが頭に浮かんできて、余計に目がさえて眠れない……ちょっとした睡眠トラブルにも、漢方薬が効くそうです。

「眠れない=睡眠薬と直結して考えがちですが、眠れない原因はどこにあるのでしょうか。睡眠薬は眠れない原因を治す薬ではないと知っておいてください。漢方薬はその根本にアプローチします」と話すのは、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏先生。

眠れない原因……仕事や人間関係が多いのかな。人それぞれだけど、イライラしたり、不安や心配事があったり。

「そう、眠れない原因は、現代医学で言えば、脳の『感情・情緒・理性』に関する部分です。漢方医学ではもっとシンプルで、『肝(かん)』に関係しているものです。たとえば、『かんしゃくを起こす』、『かんにん袋の緒が切れる』といった表現がありますよね? これらは『肝』に問題があるんです」

つまり、肝に作用する漢方薬で、眠れない原因を取り除くということ?

「その通り。『抑肝散』(よくかんさん)という漢方薬があります。読んで字の如く、肝をコントロールしてくれるのです。これが本当によく効きますし、西洋医学的にも効果が立証されています。2年前、ある大学病院に入院中の患者さんで、不安で眠れない人たちに抑肝散を飲んでもらったところ、みなさん落ち着いてよく眠れたといいます」

睡眠薬のほうがストンと眠れそうなイメージもありますが……。

「睡眠薬は、いわばスイッチを切るようなもの。眠気が強く朦朧として、転倒するなどの危険もあります。抑肝散は心の不安定な部分を調節する薬です。実際に、睡眠薬を飲んだ人と比べると、抑肝散を飲んだ人のほうが質のいい睡眠をとれたという結果も出ています」

自律神経失調症=心の病ではない

心の不調でよく聞く病名が「自律神経失調症」。なんかバランスが悪いんだなということはわかるけれど……。

「みなさん、自律神経失調症は『心の病』だと思っているんですよね。現代医学では交感神経と副交感神経のバランスが悪い、と説明するのですが、漢方医学では『気・血・水』のうちの水のバランスが悪いと考えます」

これまたシンプルですね。自律神経の話は、説明を聞いてもちょっと難しいですよね……。

「漢方医学で『水』というのは、おおまかに言えば体の中の液体に関係しているということです。汗や涙、鼻水、唾液……体の中の水を想像してください。自律神経の失調は、めまいやふらつき、むくみやこわばり、頭痛や耳鳴り、発汗や冷えなどの症状が出ます。水に関連する症状も多いでしょう?」

ということは……水をコントロールする漢方薬があるんですね?

「はい。『五苓散』(ごれいさん)がよく効きます。これもまた西洋医学的にも効果が立証されていて、水分代謝調節作用や炎症反応抑制作用があることがわかっているんです。心の病ではなく、水が問題だととらえれば、わかりやすいですよね」

難しく考えることはないと思うと、それだけでも気が楽になりますよね。
■Profile
今津嘉宏先生
芝大門いまづクリニック
http://imazu.org/
應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学漢方医学センター助教、麻布ミューズクリニック院長などを経て、開院。日本胸部外科学会認定医、日本外科学会認定医・専門医、日本東洋医学会専門医・指導医。著書に『89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ』などがある。
「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」
ランチタイムや通勤時間に楽しめる、女性向けコラムマガジン。無料読み放題のエッセイ、コミック、小説、ビューティ、グルメ&トリップ記事は、全てここでしか読めないオリジナルコンテンツです! 毎週プチプレゼントがあるのもお楽しみ。人気上昇中の注目アプリ!
★隔月のペーパーマガジンROLA(偶数月1日発売:定価¥620)も発行しています。

ROLAアプリ

関連記事