保湿ケアに「ビタミンA」が欠かせない理由

保湿ケアに「ビタミンA」が欠かせない理由

「ビタミンA」は若返りのビタミンと言われる最強ビタミンのひとつであることを知っていますか?

保湿が足りない原因は「ビタミンA」不足かも?

ビタミンAは、肌の保護や潤いを保つだけではなく、皮膚の粘膜を健康にしたり、細菌への抵抗力を高め、真皮のコラーゲン生成や肌の新陳代謝を促します。
アンチエイジング目的のスキンケアに配合されている主な成分がビタミンAですが、食事からも摂取することで、より健康的な素肌を保ちます。
肌の乾燥が気になる方は、スキンケアだけではなく、食生活も意識してみてはいかがでしょうか。

また、ビタミンAが欠乏すると目に関わる病気になりやすいとも言われ、目の健康を保つためにも重要なビタミンです。

保湿ケアは体の内側からも行いましょう

ビタミンには、「水に溶けやすいビタミン」と「水に溶けにくいビタミン」があります。
ビタミンAは、水に溶けにくいビタミンなので、脂と一緒に摂ると吸収力が高まります。

【ビタミンAを多く含む食材】
うなぎ、フォアグラ、卵黄、無塩バター、レバー、チーズ等の乳製品
ただ、摂りすぎると肝臓の脂部分に蓄積されると言われているので、摂り過ぎには注意しましょう。

また、栄養素の中には、ビタミンAが不足すると必要に応じて一部がビタミンAに変換し、ビタミンと同じ働きをすると言われている栄養素があります。
ビタミンAではないので、過剰摂取になる心配がないと言われる代表的なものをご紹介します。

【カロテノイド】
主に緑黄色野菜や柑橘類に含まれる天然色素のひとつ。(特に橙色の色素)
この色素を有する代表的な食材として、最後まで色を失わない野菜の南瓜や人参などが挙げられる。

【フラボノイド】
穀類、野菜、豆類に多く含まれるイソフラボンや、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンや、果物の皮に多く含まれている黄色い色素。

【αリポ酸】
糖質の代謝に関与し、疲労回復や幅広い抗酸化作用に優れ、デトックスにも効果が期待できると言われています。
主に緑黄色野菜、芋類などに含まれています。

大人の肌トラブルのほとんどは、体の中からが原因と言われています。
スキンケアだけではなく、日常の中で食生活も意識し、体の中から免疫力を上げてキレイな素肌を保ちましょう。
関連キーワード

関連記事