スーパーフード「トマト」

アラフォーの肌老化にも! 毎日食べたい赤い色の食材「トマト」

身近な食材、スーパーフードのトマトには、すごい抗酸化作用が! 食卓も華やぐ赤い色のパワーで、若返りを図りましょう。
スーパーフードでハッピーボディ Vol.49「トマト」編

  トマト

Tomato

アンデス山脈原産のトマトには、その過酷な環境下でも育つことができる様々な栄養成分がギュッと詰まっています。

注目を浴びている成分は赤い色素成分のリコピン。活性酸素を除去する抗酸化作用が優れており、美肌づくりをサポートしたり、老化や生活習慣の予防効果があります。リコピンは脂溶性成分ですので、脂質の多い食材と一緒に摂ることで吸収率が高まります。また、抗酸化ビタミンのカロテン、ビタミンC、ビタミンEも揃っています。

肌のシミの原因となるメラミン色素の沈着を予防したり、肌のハリや弾力を作り出すコラーゲンの合成に欠かせないビタミンCも豊富です。

腸内環境を整える食物繊維や、血圧の低下やむくみの予防・改善に効果的なカリウムなどのミネラルや代謝に関わるビタミンB群も含まれ、健康の維持増進や美容に嬉しい果実です。

トマトの酸味のクエン酸には疲労回復効果もありますので、疲れたとき、リフレッシュしたいときにもオススメです。

[注目ポイント]
美肌に効果的

[栄養など]
リコピン、カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、ビタミンB群、クエン酸

ほんのひとときスペイン雰囲気を感じてほしい!「トマトたっぷりガスパチョ」のレシピをご紹介。


トマトたっぷりガスパチョ
トマトたっぷりガスパチョのレシピ

材料(2人分)
トマト …1個
トマトビューレ …100ml
赤パプリカ …1個
タマネギ …1/8個
キュウリ …1/2本
ニンニク …1片
オリーブオイル …大さじ2
白ワインビネガー …大さじ1
水 …100ml
塩 …少々
ホワイトペッパー …少々
パプリカパウダー …少々
バジルの葉 …適量
ブラックオリーブ …適量

作り方
1.
トマト、キュウリは5mm角に切って飾り用に少し取り分けておく。タマネギはみじん切りにして水にさらしておく。

2.
赤パプリカは半分に切ってヘタと種を取り除き、皮目を上にしてアルミホイルをしいた天板にのせて240度のオーブンまたはトースターで20分程度こんがりと焼く。ニンニクも一緒に天板にのせて焼き、10分程度で先に取り出しておく。

3.
焼き上がった赤パプリカとニンニクの皮をむき、ボウルに入れてフォークの背などで潰す。

4.
トマトピューレを3に入れて混ぜたら、オリーブオイル、白ワインビネガーを注いでさらに混ぜ合わせる。

5.
4に1の野菜を入れてよく混ぜたら塩、ホワイトペッパー、パプリカパウダーで味を整える。

6.
器に5を注ぎ、1で飾り用に取り分けたトマトとキュウリ、ブラックオリーブのスライス、バジルの葉をのせてパプリカパウダーを散らす。
「トマトたっぷりガスパチョ」の美容効果
▪ 美肌 ▪ アンチエイジング ▪ 生活習慣病予防 ▪ 腸内環境 

抗酸化ビタミンがすべて豊富に含まれている赤パプリカとトマトのリコピンで、美肌効果、老化予防、生活習慣病予防が期待できます。油と一緒に摂ることができるので、これらの成分の吸収率もグッと高まります。玉ねぎのオリゴ糖とトマトの食物繊維で腸内環境も整います。

 Profile
■監修・解説文/篠原絵里佳(しのはらえりか)
管理栄養士、野菜ソムリエ、睡眠改善インストラクター。
日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として、体の中から美を作る食情報を得意とし、幅広く発信している。
http://ameblo.jp/erica-dietitian/

■料理・スタイリング/マキシタユミコ
食卓コーディネーター、ナチュラルフードインストラクター。
アパレル、Web業界を経て料理の道へ。デザインの現場で培った経験を食の世界に活かし、日々の食卓を豊かにするテーブルコーディネートやレシピなどの提案を行っている。
http://instagram.com/yunmaki/

■撮影/宮澤 聡

関連記事