口臭が気になる……どうケアするべき?

口臭が気になる……どうケアするべき?

自分では気づきにくいけど、気になる……口臭の健康を守るには、毎日の正しいケアとともに、生活習慣の見直しも必要!

口臭のトラブルはなぜ起こる?

さわやかな息は印象アップの秘訣!
気になる口臭トラブルは、体の不調が原因の内的要因と偏った嗜好品や、オーラルケアが原因の外的要因があります。

見えないところまで美しく!大人の身だしなみのためにそれぞれにあてはまるところがないかチェック!

内的要因がもたらす口臭のケア

①ホルモン
ダイエットや睡眠不足などが原因。
胃腸の調子が悪いと、口臭の症状が出る場合があります。
規則正しい生活や運動を心がけて。

②過度のストレス
自律神経の乱れに影響。ストレスを感じると唾液の分泌が減ってしまい、口の中の細菌の数が増えてしまいます。
大人の女性にストレスはつきもの。リラックス法を確立しておくとよいですね。

③虫歯、歯周病、口内炎
歯周ポケットの中に細菌がたまり、歯肉が炎症を起こすとガスが発生し口臭の原因となります。
歯周病の初期は、虫歯のような痛みがなく、自分では気づきにくいため、定期的な健診を習慣に。

外的要因がもたらす口臭のケア

①偏った嗜好品
タバコやアルコールは内臓機能に影響を与え、タバコは肺から息として吐き出されるため、いつまでも臭いが残ります。
タバコ臭い女性、アルコール臭い女性は男性からも不評なので、たまに嗜む程度にしておきましょう。

②水分不足
水分量が減ると唾液の分泌量が減るため、細菌が繁殖しやすくなります。
寝る前に水分をとるのを減らすと、特に寝ている間は唾液が減るので、翌朝の口臭の原因になります。
日中の唾液不足はガムを噛んだり、アメをなめたりして、唾液の分泌をうながしましょう。

③クリーニング不足
まさか寝る前に歯を磨かない人はいないと思いますが、夜の歯磨きはマストです。
磨き残しがあると寝ている間に細菌が繁殖し、虫歯の原因にもなります。
自己流のケアでたまった歯石は、数か月に一度は歯科で取り除くのがおススメです。

口臭には適切なケアが大切!

口臭は、自分だけしか気にしていない思い込みのものから、虫歯が原因でトラブルになっている場合まで原因がさまざまなので気になったら専門医に相談して、口元から健康と美を目指しましょう。

関連記事