ほうれい線対策の近道は保湿強化!

ほうれい線対策の近道は保湿強化!

ほうれい線が目立ち始めると見た目年齢が一気に加速します。そうなる前に早めの対策を心がけましょう。

ほうれい線の根本的な原因は保湿不足!?

ほうれい線は年齢と共に現れると思われがちですが、若いうちはシワが刻まれていないので目立たないだけ。
目立ち始めると、一気に老け込んだ印象を与えてしまうので早めの対策が大切です。
ほうれい線の原因は主に年齢的な表情筋の衰えと言われていますが、実は、お肌の水分量と深い関わりがあります。

ほうれい腺には【表皮性の浅いシワ】と【真皮性の深いシワ】の2種類があります。
浅いシワの主な原因は、肌の水分不足。
水分不足から、肌が乾燥すると、バリア機能が低下し、紫外線の影響も受けやすくなるためにシワが目立ってきます。

深いシワが刻まれてしまう原因は、角質層の水分保持力を担う主成分であるセラミドなどの生成力の衰え。
さらに、コラーゲンやエラスチンなどの減少により肌の弾力も失われていくことで、肌がたるみ、元からあるシワが深くなることで目立つようになるのです。

保湿スキンケアでほうれい線対策

スキンケアでは、乾燥対策が要となります。保湿効果の高いセラミドなどが配合された基礎化粧品を使い、角質層の水分保持力をサポートし、お肌のバリア機能を強化してあげましょう。さらに、肌の弾力やハリをつかさどるコラーゲンを増やす働きのある「レチノール」や「ビタミンC誘導体」が配合されているものをプラスするのもおススメです。

コラーゲンは、スキンケアと同時に食品からも摂取するほうが、水分量アップの相乗効果につながると言われるので意識してみては。

また、目立ち始めたほうれい線の原因のひとつである、筋肉の衰え。この衰えからくる肌のたるみを未然に防ぐために、首の筋肉や衰え始めた表情筋を鍛えましょう。
首の筋肉を上下左右に動かすストレッチや、大きな口を開けたり、口にたくさん空気を溜めたりすぼめたりを繰り返す顔のエクササイズも効果的。

また、不規則な生活、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙、ビタミンC不足、ストレスなども乾燥の要因となりますので、常日頃から生活習慣を見直しつつ、紫外線予防と保湿を心がけてくださいね。

関連記事