睡眠

あなたは何タイプ?睡眠時間で分かるストレス度

あなたはロングスリーパー?それともショートスリーパー?自分の睡眠時間でストレス度をチェックしてみよう!

1日の睡眠時間はどれくらいですか。

一般的に、6時間未満の方をショートスリーパーと呼び、ナポレオンやエジソンが有名です。片や9時間以上寝る方はロングスリーパーと呼ばれ、こちらはアインシュタインが知られています。そして、興味深いことにこの睡眠時間の長さがストレス度と関係があると言われ、それぞれ性格も異なるという研究結果が出てるんです!

どういうことかと言うと、精神的なストレスによる脳の疲労度が睡眠時間の長さを決めるそうで、ストレスを感じやすいタイプの方は、脳が疲労を回復するのに時間がかかるので長時間の睡眠が必要となり、ストレスに強い方は脳が疲労回復にあまり時間を必要としないことから短時間の睡眠でも大丈夫なのだそうです。

眠りをみると、どちらも深いノンレム睡眠(脳が休む眠り)の長さには差がないのですが、ショートスリーパーは浅いノンレム睡眠やレム睡眠(体が休んで、脳がメンテナンスする眠り)が少ないことが分かったそうです。

ようするに寝つきが早くて浅い睡眠が少ないので途中で目を覚ますことも少ないという効率の良い睡眠を取っているのが、ショートスリーパーというわけですね。逆に言えばロングスリーパーは効率の悪い睡眠を取っている為に睡眠時間を長くする必要があると言えるのです。

■睡眠は6時間未満でOKというショートスリーパータイプ
ストレスを溜めこみにくい方が多いそうで、明るく楽天的。あまり物事を深く考えずポジティブ思考なのでストレスを感じにくい。

■9時間以上寝ないとダメ~というロングスリーパータイプ
物事をじっくりと考えないと気がすまない人に多く、ストレスを感じやすく神経質で消極的な芸術家肌。自分でも気づかぬうちにストレスを溜め込んでいるかもしれませんよ。

■睡眠は6時間~9時間以内かなというバリュアブルスリーパータイプ
標準的な睡眠時間ですね。ストレスも適度な状態だと言えます。ちなみに寿命が最も長いのはこのタイプの人たちだそうです。

ただ誤解しないでください。どのタイプが良くてどのタイプが悪いということではありません。自分に合った睡眠時間を知ったうえで、明日からみなさん快適な眠りについてください!



関連キーワード

関連記事