椅子の上での姿勢、気にしてる?骨盤と体幹から見直して美姿勢に

椅子の上での姿勢、気にしてる?骨盤と体幹から見直して美姿勢に

椅子があるからと、お腹の力が抜けて、顔が前に飛び出ているその姿勢があなたのやる気を奪っているのかも。

体幹の意識!? 藤原紀香さんが椅子の上でもヨガのポーズで食事をとる理由は姿勢にあり

藤原紀香さんは以前テレビで、ご自宅で食事をとるときは椅子の上でヨガの姿勢(足を組んだ状態)にしてしまう…なんてお話をしていました。
それは、その方が背筋を伸ばしていられるからだそうです。
そう、実はヨガの足を組んだポーズだったり、私達日本人が得意としていた正座だったり、座禅を組むときの足の組み方は骨盤が安定し、お腹に力を入れやすくなるため、自然と背骨はすっと伸び、肩や首の力が抜けたきれいな姿勢になりやすいのです。
けれど、現代の生活スタイルに欠かせない椅子は、どこも身体を気にしなくても椅子が支えてくれてしまうため、いつの間にか骨盤は後傾し、お腹の力は抜け、あごは前に飛び出した状態に…。
もしかしたら、パソコンの前に座っているあなたもそんな状態かも!?

崩れた姿勢で椅子に座ると起きる事って?

まずは、日本人のほとんどが悩んでいると言われている肩や首のコリ。
これはそのまま頭痛にも繋がっていきます。
それだけでなく、丸くなった上半身が呼吸を浅くさせ、冷え症や不眠等、身体の基礎力を低下させていきます。
また、お腹の力が抜けて、丸くなった背中は私達のやる気も奪っていくと言われています。
古くからエネルギーが集まる場所と言われている、丹田。
これはおへその少し下あたりにあると言われています。
「腰が抜ける」「腹を据える」なんて言葉があるように、丹田への意識の弱まりは、私達の集中力や、やる気を奪っていくのです。

今日から直したい!椅子に座っても綺麗な姿勢でアンチエイジング

椅子の上での姿勢、気にしてる?骨盤と体幹から見直して美姿勢に
骨盤が後傾し、お腹の力が抜けた状態で無理やり猫背を治そうとしても、腰に負担が来て、痛めるだけ。
だからこそ、きちんと椅子に座っているその骨盤から積み上げるように姿勢を正す事が大切なのです。
骨盤周りをしっかりと動かせるようにするためにはバッタコーナアーサナ(写真①)がお勧め。
そしてさらにコアを鍛える為にはナヴァアーサナ(写真②)。
骨盤周りと体幹をしっかりと使えるようにする事で、椅子の上でも美姿勢を目指していきましょう。

関連記事