外食前に一口!食前におすすめな血糖値を上げない食品

外食前に一口!食前におすすめな血糖値を上げない食品

外食は高カロリーのものが多いですよね。食前に一口食べて血糖値を上げないあの食品をご紹介いたします。

外食前に一口食べて血糖値をあげないコツ

血糖値を上げないことがダイエットのコツであることは女性のみなさんには、周知の事実ですよね。

【血糖値を上げないことがダイエットにつながる理由】
血糖値とは、血液の中の糖質のことです。人の体は、血糖値が一定量を超えると脂肪としてためこもうとします。逆に一定まで下がると、他のエネルギーを得ようとして、蓄えていた脂肪を燃やそうと働きます。つまり、「血糖値が上昇した状態=脂肪をため込みやすい・太りやすい 」ということになります。そのために、家ではサラダやフルーツを1番初めに食べている女性が多いのではないでしょうか?しかし、外食となると出てくる順番などで血糖値が上がるものを先に食べてしまうこともありますよね。すると、血糖値が上がったまま高カロリーの食事をしまうことになります。そこで、外食の10分前に一口食べるだけで血糖値の上昇を防ぐ食品をご紹介いたします。

外食前におすすめな、血糖値を上げないための一口食品

血糖値を上げない食品というのは、低GI値の食品ということになります。ここでは、一口で手軽に食べられ、そして、いきなりの外食のときでも簡単に手に入るコンビニでも買える低GI値食品をご紹介いたします。


【フルーツ編】(数字はGI値)
・バナナ(55)
・りんご(36)

【飲み物編】
・100%オレンジジュース(43)
・牛乳(25)
・りんご酢(3)


【食べ物編】
・玄米おにぎり(56)
・くるみ(18)
・アーモンド(30)


基本GI値が60以下のものが低GI値に入ります。これらの食品を外食の10分前くらいに食べることをおすすめします。食べ過ぎてしまうと、せっかくの外食前にお腹がいっぱいになってしまうので、一口サイズで大丈夫です。

外食前の一口で美味しく手軽にダイエットをしませんか?
低GI値で美味しくダイエット
関連キーワード

関連記事