食べても太らない“食べる順番”に気をつけるだけのダイエット法

食べても太らない“食べる順番”に気をつけるだけのダイエット法

ダイエット=食事制限は間違ったダイエット法です。効率よく体重を減らすには、毎日の食事の“食べる順番”を変えること。こうすることで、焼肉だって食べてもOK!

食べる順番を変えるだけでダイエットの効果はあるの?

肥満を引き起こす原因が血糖値の上昇ということをご存知でしたか? 食品に含まれる糖分は、消化管壁を通じて血管に吸収されます。このとき、血中の糖分量が一気に上昇すると、インスリンが過剰に分泌され、このインスリンの働きにより低血糖の状態がつくりだされて、脳が空腹と勘違いをして食欲旺盛になり、暴飲暴食を招くタネになるんだそう。

しかも、インスリンが過剰に分泌されると、糖質の一部をグリコーゲン(多糖類)に変えて筋肉に蓄えてしまいます。すなわち、筋肉を破壊して脂肪を燃焼しにくくしてしまうというわけ。

ですが、食事法や食材を工夫してあげることでインスリンの過剰な分泌を抑えて、肥満予防ができるんです!

ストレスフリー!食事内容は変えずに“食べる順番”を意識したダイエット法!

食品に含まれる糖質が多いほど、血糖値が上昇しやすいです。例をあげると、ご飯、麺類、菓子パン、お菓子、ジュース類など。我慢をすればするほど食欲に負けてしまったり、外出先や仕事での付き合いでついつい食べてしまったり…なんて経験はないでしょうか?

ですが、食べる順番をちょっと意識するだけで、簡単に血糖値の上昇を抑えることができるんです! 焼肉もケーキも食べていいんですよ!

方法は簡単。食べる順番を「繊維質」→「脂質」→「タンパク質」→「糖質」の順に変えましょう。これだけで血糖値の急上昇を防ぐことができ、痩せやすい身体、太らない身体へと変わっていきます。

繊維質食材であるごぼう、アボカド、こんにゃく、リンゴやキウイフルーツを一番最初に摂取し、のちに肉類や魚類、大豆製品、そして一番最後に糖質のデザートが理想的な食順。コース料理のイタリアンやフレンチは健康的な食事法の理にかなっているといえますね。

関連記事