削りすぎが多発!? ガサガサ「かかと」の正しいケア

削りすぎが多発!? ガサガサ「かかと」の正しいケア

最近、足の裏のガサガサかかとが気になって必要以上に角質をとってしまう女性が多いというのです。

かかとの削り過ぎで駆け込んでくる女性が急増!?

先日、足の裏ケアをしてくれるサロンに行っておしゃべりをしながら施術してもらっていたところ、かかとを削りすぎてヒリヒリになってから「助けて〜」と来るお客様が多いと嘆いていました。

今、足裏を削る機械が使いやすくて、ガサガサかかとが気になる素人がついついやりすぎてしまうんですよね。自分で削りすぎてからサロンに駆け込んでも、保湿クリームを塗るぐらいしか対策がないそうです。

かかと&足裏は、つぼも多数ある大切な場所

「足は第二の心臓」と言われているくらい、血液を心臓に送り返す役割をしています。それだけ働いているので、非常に汗をかく場所でもあります。一説には1日にかく汗は牛乳瓶1本分になるとも言われています。

また、足の裏にはつぼが集中しています。足裏を削りすぎると乾燥が進み、よけいにガサガサがひどくなってしまう可能性も。こうなるとリンパの流れも停滞して、さまざまな代謝が低下してしまいます。恐ろしいことに、足がむくんだり、ぜい肉がついてしまうなんてことにもなりかねません。

ガサガサかかとをツルツルにする足裏ケア

では、足の裏のガサガサかかとはどうしたらいいんでしょうか。
まず、角質除去が必要です。足裏の角質というと、すぐにやすりや軽石で思い切り削りたくなりますが、ちょっと待ってください。今は便利なかかとの角質を除去するパックやシートがあるので、これが簡単でおすすめです。

角質除去をする前には、お風呂や足湯などにつかって、足裏を十分ふやかしてから使うと、本当に角質がぽろぽろとれますよ。やすりや軽石、機械などを使う前にぜひこちらを試してみてください。

次に保湿が必要です。保湿ケアには、足裏専用のクリームがいいかと思います。足の裏は、顔や体と違って皮膚の厚さが違います。足裏には皮脂腺がなく、ボディ用のクリームだとベタつきすぎてうまく浸透していかない場合がありますので、できるだけ足専用のクリームがいいということですよ。

あとは思い切って一度足裏ケアするエステやサロンなどに行ってみるのもいいかもいしれません。削りすぎてお医者さんに行くことになる前に、きちんと自分に合ったケアの仕方を教えてくれます。くれぐれも削り過ぎには注意してくださいね。
足裏の角質削り過ぎはほどほどに…

関連記事