ほうれい線予防は若見えにとっても効果的!

ほうれい線予防は若見えにとっても効果的!

見た目年齢に大きく関わるほうれい線。できるものなら薄くして若い見た目を保ちたいですよね。

若見えの天敵!ほうれい線ができる原因は?

ほうれい線は見た目年齢に大きく関わります。ほうれい線があるかないかでは10歳以上見た目年齢に差があるとも言われています。このほうれい線はどうしてできてしまうのでしょう。

一番の原因は、表情筋が衰えてしまうことにあります。10代・20代の頃はこの表情筋がきちんと顔のハリを保ってくれていたのですが、年齢とともにこの表情筋が緩み、それが原因で顔がたるみ、ほうれい線ができてしまいます。目の下のクマもこの表情筋の衰えが原因とされています。

ほうれい線を薄くする体操

ほうれい線を薄くするにはどうしたらいいでしょうか?簡単にできる体操をご紹介します。

1.口を閉じたまま舌を上唇と歯茎の間にいれる。
2.そのまま時計回りに舌を回す。
3.これを10回繰り返し、反対周りも同様に行う。

とても簡単ですよね? ほうれい線をのばすことを意識しながら舌を回してください。5分もかからない体操なので、お風呂タイムやちょっと時間が空いたときにすぐにできるのも魅力的です。しかもこの体操をすると、ほうれい線を薄くするだけでなく、顔のシェイプアップや二重あごにも効果があるんだとか。

ほうれい線対策はまだまだあった!

ほうれい線の原因となるのは表情筋の衰えだけではありません。老廃物がたまってしまうことでも引き起こされます。ですので、外側からの顔のマッサージもほうれい線に効果的です。軽く手でこぶしを作り、耳の下からあごにかけてフェイスラインをごりごりと痛気持ちいいくらいマッサージすると、ほうれい線に効果がありますよ。これでもよくならない場合は、頭皮のマッサージを行ってみてください。頭皮が凝り固まっていてほうれい線ができてしまっている場合もあるそうです。

いかがでしたか?いくつかほうれい線に効く方法をご紹介しました。ほうれい線が薄くなれば10歳以上の若見えも期待できます!簡単にできることから始めてみましょう!

関連記事