外食がちな人のためのダイエット術!

外食がちな人のためのダイエット術!

せっかくダイエットしているのに、今日は飲み会…。そんなときでも焦らず外食を楽しむためには、ちょっとした心掛けをすれば大丈夫なんです!

外食時にもおすすめ!ダイエット中のドリンク選びのコツ3選

一杯の糖質量はさほど多くなくても、一日に何杯も飲めば糖質の摂取量も多くなってしまいます。そこで、意外と見落としがちな外食時や日々のドリンク選びから注意をしてみましょう。

■ 何杯も飲みたい、そんなときは「無糖」のものをチョイスするようにしよう!
ジュースやスポーツドリンクなどの甘いドリンクの飲み過ぎは糖質過多になってしまいます。水や炭酸水、お茶など、無糖のものを選ぶようにしましょう。

■ 健康的なイメージの果汁100%のジュースですが、実は飲みすぎ厳禁!
果汁100%ジュースは実は高糖質な飲み物です。特に濃縮還元の果汁ジュースは、生より糖質量が増えるので要注意。どうしても飲みたいときは、低糖質なりんごや柑橘類などの果物を選んで、ミキサーで手作りジュースを作るといいでしょう。

■ アルコールを飲みたいなら「蒸留酒」のものがオススメ!
アルコール自体は血糖値を上げませんが、糖質を含むビールや日本酒、カクテルなどはダイエット中には避けたいところ。糖質の低いハイボールや焼酎などの蒸留酒を選び、少しでも糖質の摂取を減らしましょう。

<主なドリンクの糖質比較>

■ソフトドリンク■
コーヒー(100g/糖質0g)
カフェオレ(100g/糖質6g)
紅茶(100g/糖質0.1g)
オレンジジュース(100g/糖質10.5g)
トマトジュース(100g/糖質3.8g)
コーラー(100g/糖質10.2g)

■ アルコール■
生ビール(350ml/糖質10.9g)
発泡酒(350ml/糖質12.7g)
日本酒(1合/糖質8.1g)
梅酒(30g/糖質6.2g)
生レモンサワー(350ml/糖質5.2g)
赤ワイン(100g/糖質1.5g)
ウイスキー(30g/糖質0g)

ダイエット中の外食で気を付けたいポイント3選!

外食では色んな誘惑があるし、どう選べばいいかわかりませんよね。外食でも焦らずしっかりメニュー選びをしてあげれば、外食も怖くなくなります!

■ 調理方法に気をつけよう!
魚なら煮魚より焼き魚、肉ならステーキや焼き肉よりしゃぶしゃぶ、焼き鳥ならタレより塩、野菜なら炒め物より蒸し野菜かグリルなど、同じものを食べるにも、調理方法はできるだけシンプルでヘルシーな方を選ぶのがポイント。

■ サラダのドレッシングは別添えで!
まずは野菜からとサラダをオーダーすることが多いでしょう。そのときは、ドレッシングを別添えでお願いし、量を自分で調整しながら食べるのがオススメです。

■ シメとデザートは避けるべし!
酔った勢いでシメのラーメンやデザートに手を出していませんか?せっかくその前のおつまみで気をつけていても、摂取した脂肪を一気に取り込み、太る原因となるので要注意です。

関連記事