健康にも美容にも良い!? スーパーフードの効果的なとり方とは

健康にも美容にも良い!? スーパーフードの効果的なとり方とは

キヌアやチアシードなど、スーパーフードを取り入れている女性も多いのでは?!
そこで、今回はスーパーフードの効果的なとり方をご紹介致します。

健康にも美容にも良いと定評のあるスーパーフード

健康や美容効果で注目を集めているスーパーフード。国により考え方は様々ですが、日本のスーパーフード協会では次の二つの定義を設けています。

一つ目は、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。または、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
二つ目は、一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせ持つこと。

代表的なスーパーフードとしてチアシード、アサイー、ココナッツ、麻の実などがあげられます。
こうしたスーパーフードを効率良くとるためにも、コツをいくつか押さえておきましょう!

スーパーフードの効果的なとり方4選!

■ なるべく加熱しない
スーパーフードは食べやすい形状に加工されているものが多いので、なるべく加熱せずジュースやスムージーなどに加えてローフードとして食べると、栄養成分を効率良く摂取することができます。

■ 目的に合わせてとる
それぞれの含まれる成分によって身体への作用は異なります。健康にいいからとやみくもにとるのではなく、自分に不足している栄養を補うなど、まずは目的に合ったものを選ぶのがオススメです。

■ 目安量を守る
さまざまな成分がギュッと詰まっているスーパーフード。中には過剰にとるのを控えた方がいいものもあります。例えばチアシードなら一日大さじ一杯程度が目安など、それぞれの目安量を守って食べるように心掛けましょう。

(例)
チアシード(1日大さじ1杯程度)
ココナッツオイル(1日3.5杯程度)
クコの実(1日ひとつかみ程度)

■ とるタイミングを知る
含有成分やその働きによって、朝食でとるといいもの、こまめに食べるといいもの、運動後にいいもの、など効果的な摂取タイミングがあるものもあります。より効果的にとり入れるためにも、それぞれのとるタイミングを知っておくといいでしょう。

(例)
チアシード(朝食)
アサイー(運動後)
ココナッツオイル(何回かにわけてとる)
グリーンナッツオイル(朝食や昼食時)

関連記事