ヒールでふくらはぎ硬くなってない?ストレッチでリセットしよう

ヒールでふくらはぎ硬くなってない?ストレッチでリセットしよう

あたたかくなってきて、足出しの季節到来です。硬くなったふくはらぎはストレッチでほぐしてあげましょう。

硬いふくらはぎには要注意!そんな足には今すぐストレッチ

ヒールを一日履いた日の足ってパンパン。
そんな日は靴の中で縮こまった足だけでなく、ふくらはぎのケアもとっても大切。
ヒールを履いていると、裸足の状態に比べてかかとの位置が高くなっています。
それによりふくらはぎにある、腓腹筋、ヒラメ筋という筋肉は常に収縮した状態に。
もちろん、長時間履けば筋肉が収縮した状態のままの足はどんどん硬くなり、血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、美脚の大敵、老廃物や水分の停滞(むくみ)が起きやすくなってしまうのです。
足を綺麗に見せる為のヒールで足を太くしているなんて、本末転倒!
だからこそ、ヒールを履いた日は絶対にしたいストレッチをご紹介いたします。

手でもむのは意外に大変だから、一つのストレッチで解消しましょう

もちろん、硬くなった足を手でもむのは一つの手段です。
けれど、硬くなっているふくらはぎを手で揉むのって結構大変で、疲れた日こそなんとなく面倒になってしまう事も…。
だからこそ、ヨガのポーズでも有名なダウンドッグでふくらはぎのストレッチをしていきましょう。

ダウンワードフェイシングドッグ(ダウンドッグ)でふくらはぎストレッチ!

ヒールでふくらはぎ硬くない?ストレッチでリセットを習慣にして
1.ヨガマットがあればヨガマットの上で行います。(手が滑りやすいため)
なければ、平らな床の上で行いましょう。
布団やベットの上は、不安定なのであまり向きません。

2.よつんばいになり、両手は肩の真下より少し前に、両膝は腰の真下に置く。
3.息を吐きながら膝を持ちあげ、腰を天井の先に引き上げる。
4.両手はしっかり広げてマット(床)をしっかり押し、腰と手で引っ張り合うようにしてさらに背中を伸ばす。
5.足の付け根を後方にひきながら、かかとをマット(床)に落とすようにする。
6.余裕があれば足踏みなどをしてよりふくらはぎをストレッチ。

パンパンに張ったふくらはぎからは美脚は生まれません。
ストレッチしてしっかりほぐして、足だしの季節に備えましょう!

関連記事