広海・深海が益若つばささんに聞く「大人のモテメイク」前編

広海・深海が益若つばささんに聞く「大人のモテメイク」前編

広海さんと深海さんが益若つばささんをお迎えして、2回にわたりモテメイクについて聞いちゃいます。前編は、プライベートメイク編です。
モテメイクについて

メイクが上手になる秘訣を教えて!

広海)つばさちゃんって、芸能界の中でも特にメイクが上手な人っていうイメージがあるんだけど、今日もナチュラルだけどすごくきれい。間近で見ると、印象よりもずっとメイクが薄くて驚いた!
メイクのテクニックについて
益若)今日は撮影があるので、そこそこ濃メイクのはずですが(笑)、年齢と共にどんどんメイクは薄くなっているかもしれません。

深海)どうやってメイクのテクニックを磨いたの?

益若)コンプレックスが多かったから、若い頃からいろいろなメイクにチャレンジしたのが一番大きいと思います。最初からナチュラルメイクだったら、絶対上手くなってなかった!

深海)ギャルメイク時代も役に立ってるんだ!
あらゆるメイクにチャレンジ
益若)役に立ってます、立ってます(笑)。過剰なメイク、隠すメイクを経験してきたからこそ、自分の顔立ちに合った引き算のメイクができるようになりました。

広海)大人になって、メイクはどう変わった?
引き算のメイク
益若)肌そのものの美しさを重視するようになりました。それは、メイクの仕上がりを左右するのは80%がベースだと気付いたから。若い頃は、ファンデーションを塗って陶器肌やツヤ肌が演出できればいいと思っていたけど、メイクが薄くなった今は素肌そのものが美しくないと映えません。スキンケアは、しっかりするようになりましたね。今は一年中保湿命で、家の中ではオイルをたっぷり塗ってテカテカですよ(笑)。

深海)おすすめのオイルのブランドはある?

益若)うーーん、消費量が激しいので(笑)、惜しみなく使えるものが一番かな。毎日使えるお手頃なもので、肌馴染みがよいものを選ぶようにしていますね。メイク前にも薄く塗って、軽くティッシュオフを。マットな肌もモードっぽくっていいけど、自然なツヤ肌の方がやはり若々しく見えます。

広海)うん、ツヤ、大事。

益若)あと、血色。頬、唇の赤みってどんどんなくなっていくんですよね。今はマスカラはしないで外出することはあっても、練りチークは欠かせません。具合が悪そうに見えちゃう(笑)。

広海)確かに(笑)。

大人のメイクはどうあるべき?

広海)年齢を重ねると共に、どうメイクを変えていけばいいか分からない人って多いと思うんだけど、大人の女性はどんなメイクが素敵だと思う?

益若)特にここ数年「大人のメイクナチュラルでシンプルが一番お洒落」っていう風潮ですよね?でも、私はそうは思わないんです。

深海)確かに。ファッションも同じで、なんか生まれもった個性を生かせてない人が多い気がする。もったいないなぁ、って思うことがある。

益若)毎日同じ顔、同じファッションだったらテクニックも感性も磨かれませんよね。TPOに合わせてファッションを変えるように、メイクにもバリエーションが欲しい。そしてファッションに合った色使いができたり、肌作りができるのが本当の大人のお洒落なんじゃないかなぁって。

広海)そういう大人の女性、なかなかいないからすごく目立つと思う。
大人の女性のメイクについて
益若)あとはやっぱりバランス感覚。若い頃は目を大きく見せるメイクに走りがちですけど、ちょっと引いてみて、バランス良く仕上がっているかどうかチェックするのが大切。大きい目イコール美しい人ではないですから。

深海)ファッションとメイク、両方をバランスよく楽しめるのって理想かもね。

益若)そういう女性が増えたら素敵だし、世の中がハッピーになりますよね。私がプロデュースしているメイクアイテムも、大人の女性に満足していただけるようにこだわっているんですよ。

広海)つばさちゃんのメイクアイテム、周りでもすごく人気。おすすめをぜひ教えてほしいわ。
おすすめのメイクアイテムについて

関連記事