成功実例!ヘアカットでイメージを変えるにはどうすればいい?

成功実例!ヘアカットでイメージを変えるにはどうすればいい?

髪型を変えてイメチェンしたいけど、なかなか思うような髪型にならなくて……。VOCE公式ブロガーVOCEST!の五月女璃奈さんがヘアチェンジに挑戦!
今回ヘアチェンジにトライしたVOCE公式ブロガー VOCEST!(ヴォーチェスト)の五月女璃奈さん。
VOCE公式ブロガー VOCEST!(ヴォーチェスト)の五月女璃奈さん
中学生のときに肩までの長さにしたのが気に入らず、以来、「短い髪は似合わない」と思い込んでいるそう。今回は、可愛い系からカッコいい系にイメチェンしたくて、髪をカットしてもらうことに。

外苑前の人気美容室「Lyon」高徳洋史さんに、イメージチェンジを成功させる秘訣を聞いてみました。

イメージチェンジ成功のコツ 1.まずは、鏡の前でイメージング。ダッカールで仮の長さを設定

ダッカールで仮の長さを設定
まずは、希望の長さになるようにダッカールで髪を留める。こうしておくと、髪を切ったらどんな雰囲気になるのかがイメージしやすい。今回は、肩につくくらいの長さにレングスを設定。

2.全体的に希望の長さにカット。前下りのラインをつくる

.全体的に希望の長さにカット。前下りのラインをつくる
バッサリ切るときは長さを迷っている人も多いので、希望する短いスタイルの他に、少し長めで似合うと思う長さも提案することもあるそう。今回は、迷いなくクールな印象にしたいので、やや前下がりにカット。

3.ドライカットで、仕上がりをイメージしながら調整

ドライカットで、仕上がりをイメージしながら調整
最終的な質感や毛量の調整は乾いた状態のドライカットで。濡れた状態でカットすると、乾いたときと印象が変わってしまうことも。前髪は、どちら側に分けても決まるように、両側に分けながらカットしていく。

4.イメチェン後着たい洋服のイメージを伝えるとさらに◎

五月女さんの場合、甘いテイストからかっこいい服が似合うようになりたいとのリクエストがあり。着たいかっこいい服の写真や服そのものを着てサロンにいくとなおベターなんだそう。
さらにイメチェン後着たい洋服のイメージを伝えるとさらに◎
【カット終了後、本人のコメント】
「思った以上にオシャレでカッコよく仕上がって、大満足です。毛先を巻いたり、前髪の分け目を変えたりするだけで表情の変化が簡単につくれるので、ぜひアレンジも楽しみたいですね」

担当してくれたのは

Lyon代表/hair&make-up artist 高徳洋史さん
高徳洋史さん
Lyon代表/hair&make-up artist
サロンワークのほか、ファッション誌やカタログ等のヘアメイクとしても活躍。扱いやすく、トレンド感のあるスタイルを提案してくれる。

Lyon
150-0001
東京都渋谷区神宮前3-31-20 NOZUビル5F
salon 03-6804-5308
mail lyon.hair.tokyo@gmail.com
http://www.lyon-hair.com/

photographs:Yasuhiro Ito 
hair&make-up:Hiroshi Takatoku/Lyon 
model:Rina Saotome
text:Akiko Ikeyama

関連記事